さて、私のツイッターも同様の措置がとられるのでしょうか?

さて、私のツイッターも同様の措置がとられるのでしょうか?


よくぞ言ったなあ。

DHCの吉田会長は、サムラ

イだな。

さすが、「虎ノ門ニュース」の総

帥だけのことはある。

こら、番組レギュラー陣も負け

ておれんな。

さて、私のツイッターも同様の措置がとられるのでしょうか?





0 コメント

私は国民党を応援します

私は国民党を応援します

私は「日本」国民党を応援します。

国民「民主」党ではありません。

「日本国民党」https://ameblo.jp/ishinsyaです。

0 コメント

党名ロンダリング

党名ロンダリング
希望の党と民進党が合流して国民民主党(国民党)なる政党を作る事に成りましたが、それならば去年の総選挙の時の分裂騒ぎは何だったんだろう?
正直、希望の党にはある程度は期待していたんですよ。中山夫妻が参加したので現実的な政策をするだろうと……。orz。
0 コメント

余命諸悪の根源マンセー日弁連42

#拡散希望#法律#余命三年時事日記




余命諸悪の根源マンセー日弁連42




余命三年時事日記さんのブログです。




http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/01/05/2181%e3%80%80%e8%ab%b8%e6%82%aa%e3%81%ae%e6%a0%b9%e6%ba%90%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%bc%e6%97%a5%e5%bc%81%e9%80%a342/




引用




匿名希望
ヘイトスピーチを許さず、差別禁止基本法の制定を求める会長声明
2016年03月11日更新







.....汚染司法と行政が一体で進めてきたマンセー川崎国つくりが余命という一介の年金老人パワーが起点となり破綻しようとしている。これは、戦後、最大のお祭りになることは間違いない。神奈川県知事から横浜、川崎市長、行政、弁護士、裁判官、検事、在日や反日勢力、共産党、メディア等々、オールスターそろい踏みの実況中継バトルである。
 弁護士への懲戒請求というありの一穴が、何百にも何千にもなって、巨大なダムの堤防が崩壊しようとしているのだ。近々、我々はこの歴史的瞬間にたちあった歴史的証人になるだろう。





匿名希望
川崎市に対し多文化共生を推進する人権条例の制定を求める会長声明






..... 日本人が目覚めたたら怖いよお...。最近、安倍総理も切れ気味だから気をつけよう。あっ、ごめん。わかっているよな。「安倍があ~」連呼だもんな。

 

匿名希望
オスプレイの我が国への配備及び訓練に反対する会長声明





匿名希望
オスプレイ事故への対応に抗議し、その飛行禁止と配備撤回を求める会長声明
2017年02月10日更新





匿名希望
横浜市及び川崎市に対し、学校法人朝鮮学園に対する、補助金予算の執行停止 及び予算の減額の措置を見直すことを求める会長声明





引用以上





余命三年時事日記

余命三年時事日記ハンドブック

余命三年時事日記2

余命三年時事日記外患誘致罪

余命三年時事日記共謀罪と日韓断交

0 コメント

余命諸悪の根源マンセー日弁連45?

#拡散希望#法律#余命三年時事日記




余命諸悪の根源マンセー日弁連45?





余命三年時事日記さんのブログです。






http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/01/04/2180-%e8%ab%b8%e6%82%aa%e3%81%ae%e6%a0%b9%e6%ba%90%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%bc%e6%97%a5%e5%bc%81%e9%80%a345/




引用







匿名希望
「高校無償化」制度について,全ての外国人学校を対象にすることを求める会長声明








匿名希望
神奈川県に対し、神奈川朝鮮学園に通う児童・生徒への学費補助を行うことを求める会長声明







匿名希望
共謀罪の制定に反対する会長声明







匿名希望
「刑事訴訟法等の一部を改正する法律案」に反対する会長声明





匿名希望
入管法改悪に反対する会長声明(2006年3月27日)








匿名希望
弁護士による依頼者密告制度(ゲートキーパー立法)に反対する会長声明(2006年3月23日)










.....弁護士が正義だとか人権擁護だとかを語るとしらけるよな。






引用以上






余命三年時事日記

余命三年時事日記ハンドブック

余命三年時事日記2

余命三年時事日記外患誘致罪

余命三年時事日記共謀罪と日韓断交

0 コメント

余命諸悪の根源マンセー日弁連40

#拡散希望#法律#余命三年時事日記



余命諸悪の根源マンセー日弁連40



余命三年時事日記さんのブログです。



yh649490005.xsrv.jp/public_html/20…


引用


匿名希望
勧告書
日弁連総第99号 2013年(平成25年)12月24日
日本弁護士連合会
会長 山 岸 憲 司
当連合会は,特定非営利活動法人グリーンピース・ジャパン(その後,一般社団 法人グリーンピース・ジャパンが事業を承継)の申立てに係る人権救済申立事件(2007年度第19号人権救済申立事件)につき,貴殿に対し,以下のとおり勧告する。



匿名希望
ボディスキャナー導入等についての意見書







.....日弁連はテロ防止よりボディーラインにこだわりがあるようだな。
 とりあえず、ここまでアップした。中ロは放置して韓国を縛り付け、北朝鮮問題で外圧を使い、在日や反日勢力を駆逐するという安倍シナリオが実現しそうな流れだね。
 余命の外患罪攻勢と弁護士への懲戒請求作戦は検察も日弁連も門前払い、無視作戦で成功したように見えたのだが、これが余命得意の肩すかし「実は」作戦で、土俵は海外だった。まあ、在日や反日勢力のみなさんは指をくわえてみているしかなさそうだ。




引用以上




余命三年時事日記
余命三年時事日記ハンドブック
余命三年時事日記2
余命三年時事日記外患誘致罪
余命三年時事日記共謀罪と日韓断交
0 コメント

余命諸悪の根源マンセー日弁連39

#拡散希望#法律#余命三年時事日記




余命諸悪の根源マンセー日弁連39




余命三年時事日記さんのブログです。





http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/01/04/2177-%e8%ab%b8%e6%82%aa%e3%81%ae%e6%a0%b9%e6%ba%90%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%bc%e6%97%a5%e5%bc%81%e9%80%a339/



引用



匿名希望
内閣総理大臣 福 田 康 夫 殿
日弁連総第 98 号 2008(平成20)年3月24日
日本弁護士連合会
会長 平山正剛
勧告書






匿名希望
外国人の出入国・在留管理を強化する
新しい体制の構築に対する意見書





.....政府の法改正は常に自分たちを標的にしているとしてすべて反対ということだね。もうこんな組織いらないね。








匿名希望
朝鮮学校を高校無償化制度等の対象から除外しないことを求める会長声明







匿名希望
人種差別の撤廃に関する委員会 第58会期 人種差別の撤廃に関する委員会の最終見解 (仮訳)





.....魔の手が国連まで伸びてきた。目標があぶり出されてロックオンされつつある。
国際テロリスト&北朝鮮スパイラルがはじまっている。しかし、あらためて思うが日弁連はひどいね。


引用以上




余命三年時事日記

余命三年時事日記ハンドブック

余命三年時事日記2

余命三年時事日記外患誘致罪

余命三年時事日記共謀罪と日韓断交

0 コメント

余命諸悪の根源マンセー日弁連38

#拡散希望#法律#余命三年時事日記




余命諸悪の根源マンセー日弁連38




余命三年時事日記さんのブログです。




http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/01/03/2176-%e8%ab%b8%e6%82%aa%e3%81%ae%e6%a0%b9%e6%ba%90%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%bc%e6%97%a5%e5%bc%81%e9%80%a338/




引用




匿名希望
市民的及び政治的権利に関する国際規約第40条1(b)に基づく第4回報告 (仮訳)





匿名希望
樺太残留韓国人問題について
戦時中、戦争協力のため樺太(現サハリン)へ強制的に連行され、炭鉱等で労働に従事させられていた多数の朝鮮人が戦後その故郷である南朝鮮や親兄弟のいる日本への帰還を熱望しながら、今日なお、その希望がかなえられずにいる事実は、我々日本人に重い自責の念を感じさせずにおかないものがある。







引用以上





余命三年時事日記

余命三年時事日記ハンドブック

余命三年時事日記2

余命三年時事日記外患誘致罪

余命三年時事日記共謀罪と日韓断交

0 コメント

余命諸悪の根源マンセー日弁連37

#拡散希望#法律#余命三年時事日記



余命諸悪の根源マンセー日弁連37



余命三年時事日記さんのブログです。



http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/01/03/2175-%e8%ab%b8%e6%82%aa%e3%81%ae%e6%a0%b9%e6%ba%90%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%bc%e6%97%a5%e5%bc%81%e9%80%a337/


引用




匿名希望
日本政府の市民的及び政治的権利に関する国際規約第40条1(b)に基づく第3回報告






匿名希望
最高裁判所「下級裁判所裁判官指名諮問委員会規則」制定に関する会長声明






匿名希望
朝鮮高級学校の高体連加盟問題に関する人権救済申立事件(勧告・要望)






匿名希望
臨時総会・平賀・福島裁判官に対する訴追委員会決定に関する決議






匿名希望
弁護士からの検察官採用について
本日、伊藤 薫(第二東京弁護士会)、新谷 勝(東京弁護士会)両君の検察官採用が明らかにされた。





摸摸具和
どの時代から変質したのでしょうか?
Wikipediaより、
「日本弁護士連合会の歴代会長
1940年代
有馬忠三郎 (1949-50)
1950年代
奥山八郎 (1951) 長野国助 (1952) 岩田宙造 (1953) 塚崎直義 (1954) 大西耕三 (1955)海野普吉 (1956) 水野東太郎 (1957) 島田武夫 (1958) 吉川大二郎 (1959)
1960年代
岡弁良 (1960) 山崎佐 (1961) 林逸郎 (1962) 円山田作 (1963) 大月伸 (1964) 高橋義次 (1965) 中松澗之助 (1966) 大山菊治 (1967) 萩山虎雄 (1968) 阿部甚吉 (1969)
1970年代
成富信夫 (1970) 渡部喜十郎 (1971) 今井忠男 (1972) 和島岩吉 (1973) 堂野達也 (1974) 辻誠 (1975) 柏木博 (1976) 宮田光秀 (1977) 北尻得五郎 (1978) 江尻平八郎 (1979)
1980年代
谷川八郎 (1980-81) 宮田光秀 (1981) 山本忠義 (1982-83) 石井成一 (1984-85) 北山六郎 (1986-87) 藤井英男 (1988-89)
1990年代
中坊公平 (1990-91) 阿部三郎 (1992-93) 土屋公献 (1994-95) 鬼追明夫 (1996-97) 小堀樹 (1998-99)
2000年代
久保井一匡 (2000-01) 本林徹 (2002-03) 梶谷剛 (2004-05) 平山正剛 (2006-07) 宮崎誠(2008-09)
2010年代
宇都宮健児 (2010-11) 山岸憲司 (2012-13) 村越進 (2014-15) 中本和洋 (2016-17)」

.....ざっと発出メッセージを見た限りでは1990年代から様変わりしているようだな。
メッセージの内容等検討してから判断することになるが、余命が国際テロリストの判定をすることになるなんて夢にも思わなかったよ。しかしまあ、過去の弁護士会のメッセージを並べてみると、戦後の蛮行体質が抜けていないね。体質は共産党そのものだ。これらの吐き気がするような会長声明が今後、どう影響するかだな。
 少なくとも、現行日弁連会長中本和洋は憲法第89条違反とした懲戒事由は無視、弁護士法も無視して懲戒請求は不受理、傘下弁護士の懲戒請求者への恐喝は容認のようだから、白兵戦もあるな。これも安倍シナリオだから策士安倍は怖いねえ...。




引用以上




余命三年時事日記

余命三年時事日記ハンドブック

余命三年時事日記2

余命三年時事日記外患誘致罪

余命三年時事日記共謀罪と日韓断交

0 コメント

余命諸悪の根源マンセー日弁連36

#拡散希望#法律#余命三年時事日記




余命諸悪の根源マンセー日弁連36




余命三年時事日記さんのブログです。




http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/01/03/2174-%e8%ab%b8%e6%82%aa%e3%81%ae%e6%a0%b9%e6%ba%90%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%bc%e6%97%a5%e5%bc%81%e9%80%a336/




引用




匿名希望
大阪府警察本部
本部長 舟本 馨 殿
警告書
日弁連総第9号 2010年(平成22年)4月22日
当連合会は,K外39名及び準学校法人S朝鮮学園の申立てに係る人権救済申立事件(2007年度第12号人権救済申立事件)につき,貴本部に対し,以下のとおり警告をする。







.....これを見ると日弁連の背景は北朝鮮なんだね。






匿名希望
文部科学大臣 平 野 博 文 殿
勧告書
日弁連総第170号 2012年(平成24年)3月6日
日本弁護士連合会
会長 宇都宮 健 児
当連合会は,X氏申立てに係る外国籍教諭の役職任用撤回に関する人権救済申立事件(2008年第35号及び同年第37号)につき,貴省に対し,以下のとおり勧告する。






.....これはさすがに日本人なら怒るだろう。宇都宮君はアウトだね。

 

日弁連総第170号 2012年(平成24年)3月6日
神戸市教育委員会
委員長 山 口 芳 弘 殿
当連合会は,X氏申立てに係る外国籍教諭の役職任用撤回に関する人権救済 申立事件(2008年第35号及び同年第37号)につき,貴委員会に対し,以下のとおり勧告する。





匿名希望
日本弁護士連合会と大韓弁護士協会の共同宣言






.....なんてことはない。慰安婦その他賠償請求は全部、韓国と一緒に日弁連がやっているということだ。 「諸悪の根源マンセー日弁連」がそろそろわかってきたかな。

 

匿名希望
警察庁 D N A 型データベース・システムに関する意見書



引用以上





余命三年時事日記

余命三年時事日記ハンドブック

余命三年時事日記2

余命三年時事日記外患誘致罪

余命三年時事日記共謀罪と日韓断交

0 コメント

余命諸悪の根源マンセー日弁連35

#拡散希望#法律#余命三年時事日記



余命諸悪の根源マンセー日弁連35



余命三年時事日記さんのブログです。




http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/01/03/2173-%e8%ab%b8%e6%82%aa%e3%81%ae%e6%a0%b9%e6%ba%90%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%bc%e6%97%a5%e5%bc%81%e9%80%a335/


引用





もう余命の処理と読者投稿のバトルである。
弁護士会会長声明は国際テロリストとしての指定が高そうなので、外患誘致罪→死刑、便衣兵処理まで考えてあぶり出しを急いでいる。今日中には終わる。そのあとはその関係の論客投稿の処理ということになる。通常に戻るには数日かかるだろう。

 

匿名希望
人種等を理由とする差別の撤廃に向けた速やかな施策を求める意見書




匿名希望
外国籍調停委員・司法委員の採用を求める意見書





匿名希望
定住外国人生活保護申請却下事件最高裁判決に関する会長談話



引用以上





余命三年時事日記

余命三年時事日記ハンドブック

余命三年時事日記2

余命三年時事日記外患誘致罪

余命三年時事日記共謀罪と日韓断交

0 コメント

余命諸悪の根源マンセー日弁連34

#拡散希望#法律#余命三年時事日記




余命諸悪の根源マンセー日弁連34




余命三年時事日記さんのブログです。




http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/01/03/2172-%e8%ab%b8%e6%82%aa%e3%81%ae%e6%a0%b9%e6%ba%90%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%bc%e6%97%a5%e5%bc%81%e9%80%a334/



引用



匿名希望
警察法改正案に対する意見書







...重度の被害妄想だな。強制入院させて別途に縛り付けておく必要がある。




引用以上





余命三年時事日記

余命三年時事日記ハンドブック

余命三年時事日記2

余命三年時事日記外患誘致罪

余命三年時事日記共謀罪と日韓断交

0 コメント

余命諸悪の根源マンセー日弁連33

#拡散希望#法律#余命三年時事日記




余命諸悪の根源マンセー日弁連33




余命三年時事日記さんのブログです。





http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/01/03/2171-%e8%ab%b8%e6%82%aa%e3%81%ae%e6%a0%b9%e6%ba%90%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%bc%e6%97%a5%e5%bc%81%e9%80%a333/



引用





匿名希望
国際人権(自由権)規約に基づき提出された第4回日本政府報告書に対する日弁連報告書






....官邸メール余命二号が難民認定法も口利き法も共謀罪の中に入ったね。



引用以上




余命三年時事日記

余命三年時事日記ハンドブック

余命三年時事日記2

余命三年時事日記外患誘致罪

余命三年時事日記共謀罪と日韓断交

0 コメント

余命諸悪の根源マンセー日弁連32

♯拡散希望#法律#余命三年時事日記



余命諸悪の根源マンセー日弁連32



余命三年時事日記さんのブログです。



http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/01/03/2170-%e8%ab%b8%e6%82%aa%e3%81%ae%e6%a0%b9%e6%ba%90%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%bc%e6%97%a5%e5%bc%81%e9%80%a332/



引用



匿名希望
第23回定期総会・裁判官の再任・新任拒否等に関する決議






青年法律家協会とは
規約はこちらから
□ 青年法律家協会
□ 弁護士学者合同部会







青年法律家協会弁護士学者合同部会の紹介
■日本最大の法律家ネットワーク!





匿名希望
弁護士任官の推進(弁護士任官等推進センター)
弁護士任官とは





引用以上





余命三年時事日記

余命三年時事日記ハンドブック

余命三年時事日記2

余命三年時事日記外患誘致罪

余命三年時事日記共謀罪と日韓断交

0 コメント

余命諸悪の根源マンセー日弁連30

♯拡散希望#法律#余命三年時事日記



余命諸悪の根源マンセー日弁連30



余命三年時事日記さんのブログです。



http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/01/03/2168-%e8%ab%b8%e6%82%aa%e3%81%ae%e6%a0%b9%e6%ba%90%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%bc%e6%97%a5%e5%bc%81%e9%80%a330/



引用



匿名希望
司法修習生採用時の国籍条項等による差別人権救済申立事件(要望)





匿名希望
橋下徹氏の日本軍「慰安婦」及び「風俗業」に関する発言の撤回と謝罪を求める会長談話





匿名希望
従軍慰安婦問題への政府の対応に関する声明





.....戸塚悦郎が張本人といわれているが背景は日弁連だったということ、外患罪確定。

 

匿名希望
法曹養成制度の改善に関する緊急提言




匿名希望
顔認証システムに対する法的規制に関する意見書




匿名希望
日弁連の口座を利用した詐欺に御注意ください





匿名希望
警察庁「マネー・ローンダリング対策等に関する懇談会」報告書に関する会長声明




匿名希望
法曹有資格者の公務員登用促進に関する協議会取りまとめに関する日弁連コメント





引用以上




余命三年時事日記

余命三年時事日記ハンドブック

余命三年時事日記2

余命三年時事日記外患誘致罪

余命三年時事日記共謀罪と日韓断交

0 コメント

余命諸悪の根源マンセー日弁連29

♯拡散希望#法律#余命三年時事日記


余命諸悪の根源マンセー日弁連29


余命三年時事日記さんのブログです。


yh649490005.xsrv.jp/public_html/20…

引用


匿名希望
国連人権委員会で「武力紛争下の組織的強姦・性奴隷」に関する決議を求める日本弁護士連合会の意見書






..... 1907年のハーグ陸戦条約が出てきたのには驚きましたな。
平成12年の発出であるから、当時は全く意識がなかったのだろうが、まあ、お粗末だ。
というのも現在の進行はハーグ条約に基づいているのである。戦時国際法、テロ、ゲリラ、便衣兵、スパイの定義や処分等はみな、ここに規定されている。
すでにみなさんご承知のシナリオは有田をはじめとする国内テロリストを「IS+北朝鮮」支援組織として国際テロリストに格上げすることで、すでに第六次告発分はリストアップが終わっている。北朝鮮がテロ支援国家再指定されることにより、北朝鮮への利敵行為がすべてテロ行為となっている。日本国内での告発指定は難しいが欧米では簡単である。
日本では、テロ行為であっても、弁護士、裁判官、検事なんて肩書きがものを言うが、欧米ではテロリストの地位や職業など問題にならない。情報提供は米国大使館をはじめ、共和党議会、財務省、国連安保理、CIA、FBI、インターポール等で公開する。
米国ではツイッター社をテロリスト支援企業として告発を検討している。これは3月になる。
さて、話を戦時国際法便衣兵、テロ、ゲリラに戻そう。
ISの人質事件で身代金要求を支持したものは明らかにテロリストである。そして現状、北朝鮮への利敵行為をなすものもテロリストである。日弁連は両方を抱えているので少なくとも幹部は国際テロリストの指定は免れないだろう。懲戒請求の門前払いは愚策だった。 これと同様の対応をしているのが全国地検である。外患誘致罪での告発事案が多く、また朝鮮人関係の事案がほとんどであるので、これも指定される可能性が高い。まあ指定されてもクビにはならず、せいぜい口座凍結くらいで社会生活が不自由になるくらいのものだからたいしたことではないが、国際テロリストが検事では少々問題がありそうだ。
安倍総理が政権奪還後に司法制度、特に戦前の国内法に手をつけなかったことから、外患罪は国民に任せる方針がはっきりしている。要するに裁判にはしない、ならないということである。従前、解説しているが、外患罪は手段であって目的ではない。これは過去ログで再確認していただきたい。
誤解しがちなのは、外患罪が有事法とされているからだと思うが、有事に外患罪で告訴されることはない。実際には売国奴として裁判なしに処刑されるからである。戦時国際法でも、スパイは裁判を要すとあるが、テロリスト、ゲリラは即決処分が認められている。
もちろん日本人で利敵行為をなすものは便衣兵として処分される。
平時に法を語っても意味がない。法は生きているのである。余命は生きた法について解説しているのでインパクトがあり、いやがられるのである。
外患罪で告発されているということは、有事→外患罪一発があるということである。
愛国無罪という言葉がある。有事、戦時には、無数の戦争犯罪がおきる。しかし、国内犯で告訴されるものは皆無である。売国奴を擁護するものは売国奴であるから当然だろう。
すでに日弁連をはじめとして司法が朝鮮人スパイラルに巻き込まれている。
さて、有事に備えて、もう少し日弁連の会長声明をアップしておこう。

 

匿名希望
従軍慰安婦問題に関する会長声明





匿名希望
外国籍会員の参与員選任を求める会長声明



匿名希望
中学校社会科教科書における「従軍慰安婦」の記述に関する会長声明






引用以上



余命三年時事日記
余命三年時事日記ハンドブック
余命三年時事日記2
余命三年時事日記外患誘致罪
余命三年時事日記共謀罪と日韓断交
0 コメント

余命諸悪の根源マンセー日弁連28

♯拡散希望#法律#余命三年時事日記



余命諸悪の根源マンセー日弁連28



余命三年時事日記さんのブログです。



http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/01/03/2166%e3%80%80%e8%ab%b8%e6%82%aa%e3%81%ae%e6%a0%b9%e6%ba%90%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%bc%e6%97%a5%e5%bc%81%e9%80%a328/



引用



匿名希望
外国人の在留管理を強化する新しい外国人雇用状況報告制度に対する意見書






匿名希望
多民族・多文化の共生する社会の構築と外国人・民族的少数者の人権基本法の制定を求める宣言





匿名希望
北星学園大学及びその教員等に対する脅迫行為に関する会長談話






.....日弁連佐々木亮弁護士の懲戒請求者に対する「おとしまえをつけてやる」という脅迫行為もやめさせなさいよ。

 

匿名希望
戦時の軍事的性的奴隷制問題に関する報告書」に関する声明




匿名希望
レッド・パージ国家賠償請求訴訟大阪高裁判決に関する会長談話





匿名希望
臨時総会・「弁護人抜き裁判」特例法案に関する決議




引用以上




余命三年時事日記

余命三年時事日記ハンドブック

余命三年時事日記2

余命三年時事日記外患誘致罪

余命三年時事日記共謀罪と日韓断交

0 コメント

余命諸悪の根源マンセー日弁連27

♯拡散希望#法律#余命三年時事日記



余命諸悪の根源マンセー日弁連27




余命三年時事日記さんのブログです。




http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2018/01/03/2165-%e8%ab%b8%e6%82%aa%e3%81%ae%e6%a0%b9%e6%ba%90%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%bc%e6%97%a5%e5%bc%81%e9%80%a327/



引用


匿名希望
「国旗及び国歌に関する法律案」国会提出に関する会長声明




匿名希望
日教組ホテル利用拒絶に関する会長談話




匿名希望
法務省入国管理局ウェブサイトの情報提供制度に対する意見書




匿名希望
出入国管理及び難民認定法並びに住民基本台帳法の改正法の成立に際しての会長声明




匿名希望
「出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律」の成立に関する会長声明





匿名希望
新たな在留管理制度の構築及び外国人台帳制度の整備に対する意見書




.....日本を破壊させるための組織だな。

 

匿名希望
外国人の在留管理を強化する入管法等の「改正」法案に対する会長声明



引用以上





余命三年時事日記

余命三年時事日記ハンドブック

余命三年時事日記2

余命三年時事日記外患誘致罪

余命三年時事日記共謀罪と日韓断交

0 コメント

余命諸悪の根源マンセー日弁連26

♯拡散希望#法律#余命三年時事日記


余命諸悪の根源マンセー日弁連26



余命三年時事日記さんのブログです。




yh649490005.xsrv.jp/public_html/20…



引用


匿名希望
刑法の一部を改正する法律案(国旗損壊罪新設法案)に関する会長声明





匿名希望
日弁連昭和62年総会決議無効確認訴訟判決言渡について





匿名希望
教育委員会制度等改革法制に関する会長声明





匿名希望
法務副大臣「今後の外国人の受入れ等に関するプロジェクト」「今後の外国人の受入れについて」(中間まとめ)に対する意見書
2006年7月20日
日本弁護士連合会




匿名希望
「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律案」の一部修正を求める会長声明




匿名希望
外国人の在留カード及び外国人住民基本台帳制度の開始に際しての会長声明




引用以上




余命三年時事日記
余命三年時事日記ハンドブック
余命三年時事日記2
余命三年時事日記外患誘致罪
余命三年時事日記共謀罪と日韓断交
0 コメント

憲法改正反対!国際法違反の現行憲法凍結!大日本帝国憲法再生!

さぁ、はじめましょう!

 

Jimdoで簡単ホームページ作成!

Jimdoで、世界でたったひとつ、あなただけのホームページをつくりましょう。

 

クリック&タイプ操作で、画像や フォームなどのコンテンツ追加、文章の作成、編集が驚くほど簡単にできます。

ソーシャルボタン、ブログの作成も対応しています。

 

画面右下の[ログイン]をクリックしてパスワードを入力してください。[ログアウト プレビュー]が表示されている場合は、ログイン状態ですので、編集を開始する事が可能です。

 

編集画面にログインすると、[+ボタン]をクリックしてお好みの項目を追加できます。

 


HUFF POSTさんのブログです




引用


寺井寿男校長の全校集会でのお話の全文です。

HPにのせた後に、若干変更しているようです。

今から日本の将来にとって、とても大事な話をします。特に女子の人は、まず顔を上げて良く聴いてください。女性にとって最も大切なことは、こどもを二人以上生むことです。これは仕事でキャリアを積むこと以上に価値があります。

なぜなら、こどもが生まれなくなると、日本の国がなくなってしまうからです。しかも、女性しか、こどもを産むことができません。男性には不可能なことです。

「女性が、こどもを二人以上産み、育て上げると、無料で国立大学の望む学部を能力に応じて入学し、卒業できる権利を与えたら良い」と言った人がいますが、私も賛成です。子育てのあと、大学で学び医師や弁護士、学校の先生、看護師などの専門職に就けば良いのです。子育ては、それ程価値のあることなのです。

もし、体の具合で、こどもに恵まれない人、結婚しない人も、親に恵まれないこどもを里親になって育てることはできます。

次に男子の人も特に良く聴いてください。子育ては、必ず夫婦で助け合いながらするものです。女性だけの仕事ではありません。

人として育ててもらった以上、何らかの形で子育てをすることが、親に対する恩返しです。

子育てをしたら、それで終わりではありません。その後、勉強をいつでも再開できるよう、中学生の間にしっかり勉強しておくことです。少子化を防ぐことは、日本の未来を左右します。

やっぱり結論は、「今しっかり勉強しなさい」ということになります。以上です。

HUFF POSTより引用)


引用以上


    少子高齢化、人口減少、国力衰退が言われている昨今です。それを、移民で解決しようと言う人々もいますが、どうでしょう?私は厳しい条件を付ければ良いと思いますが、実行不可能だと思っています。ならば、日本人の人口政策の変換や、より一層の労働省力化が必要です。


石膏ボーイズ♯10-12を見ながら


ベルギー、ブリュッセルにも弔意を!

日朝交渉記録キーマン田中均

日朝交渉記録キーマン田中均

#朝鮮民主主義人民共和国#政治家


2018年6月21日の産経新聞から


https://www.sankei.com/premium/news/180621/prm1806210009-n1.html


引用


18日の参院決算委員会での立憲民主党の風間直樹氏の質問は白眉だった。今後、北朝鮮との交渉で焦点となる可能性が高い部分について、正面から取り上げたのである。少し長いが紹介したい。

 風間氏「(平成14年の小泉純一郎首相の初訪朝)当時の交渉担当者は、2回分の外交交渉記録を外務省に残していないとの国会答弁がある。安倍晋三首相も『彼は交渉記録を一部残していない』と(25年6月の)フェイスブックで批判している。公電が欠落している2回の交渉で、当時の担当者が北朝鮮と何を約束したか知っているか」

 安倍首相「ご指摘の部分は記録が存在していないため、当時の田中均外務省アジア大洋州局長が北朝鮮とどのような交渉を行い、何を約束したかについては、残念ながら承知していない」

 風間氏「国交正常化の際に、日本から1兆円規模の経済協力資金を提供するとの合意が図られ文書も交わされたと耳にしている。抜け落ちた公電にはこの部分が記載されていたと思うが、日朝間にそういう約束はあるのか」

 安倍首相「日朝平壌宣言自体、北朝鮮に行く飛行機の中で見せられた。交渉過程、宣言作成過程については全く承知していない」

 この問題について産経新聞は、10年以上前から何度も書いてきたが、他のマスメディアはなぜか関心が薄いようである。参院決算委翌日の19日の在京各紙を見ても、この部分には一切触れていない。そこで改めておさらいをしたい。

 この件は、田中氏が北京などで北朝鮮側の「ミスターX」らと30回近く非公式折衝を実施したうち、14年8月30日に政府が小泉初訪朝を発表し、9月17日に金正日総書記と日朝首脳会談を行うまでの間の2回分の交渉記録が外務省内に残されていない-という大問題なのである。


 通例、外交上の重要な会談・交渉内容はすべて記録に残して幹部や担当者で情報を共有し、一定期間を経て国民に情報公開される。そうしないと、外交の継続性や成果は無に帰するし、どんな密約が交わされていても分からない。それが欠落しているのだから、看過できる話ではない。

 安倍首相は25年7月の日本記者クラブ主催の党首討論会で、かつて谷内正太郎外務事務次官(現国家安全保障局長)に「すべて(日朝交渉の)記録を見たいから調べてほしい」と依頼したところ、佐々江賢一郎アジア大洋州局長が「2回分がない」と報告してきたと証言した。田中氏本人に確かめると「私は知らない」と答えたことも、同時に明らかにしている。

 これは、ふだん野党が何かに取りつかれたように追及している森友学園への国有地払い下げをめぐる財務省の文書改竄(かいざん)問題や、愛媛県と加計学園とのやりとりの備忘録メモよりも、はるかに重大で深刻な問題である。日本側は把握していない2回分の記録を北朝鮮側が持ち出し、何を要求してくるか分からない。



引用以上

    記録に残っていない2回の日朝交渉で一体何が合意されたのでしょうか?田中均氏は高級とは言え1公務員に過ぎません。その彼が日本の立場を怪しくするような行動をとった可能性が大いにに有るのに、野党は勿論与党も問題視していない事に私は危機感を抱いています。
0 コメント

消された二回の日朝交渉記録

#朝鮮民主主義人民共和国#政治家


消された二回の日朝交渉記録


東アジア黙示録さんのブログです






引用


対北“賠償金”1兆円は、どの外交記録にも残っていない。隠滅された2回の交渉が再び国会の俎上に載る中、北工作機関の代弁者がメディアに復活。金王朝の紅衛兵たちが前線に躍り出る。



北朝鮮の景勝地・妙香山で接待を受けた記者団は、パニックに陥り、社会党委員長の田辺誠は発狂した。平壌に戻る列車が発車した時、金丸信の姿がなかったのだ。

平成2年9月に行われた金日成と金丸信の極秘会談。この席で、初めて北にプレゼントする“戦争賠償金”の具体的な額が提示された。外務省の随行員も通訳もいない口約束である。
▽妙香山の3党会談’90年9月

金丸信の洗脳を仕上げる為の特別な宴席。日本側の警護員は周辺に居た模様だが、宴席に付いたのは、北朝鮮側の日本語通訳を含む3人だけだったという。

今も我が国に絶大な悪影響を及ぼす妙香山会談。その全容を知る通訳は、名を黄哲(ファン・チョル)と言った。間もなく重用され、工作機関「統一戦線部」の対日エージェントとして暗躍を続ける。


「ファン・チョルこそ、90年代から日朝の舞台裏で走り回り、日本の政治家や新聞記者、官僚への工作活動を行った人物である」(重村智計著『外交敗北』89頁)

平壌支局開設をチラつかせての記者の包摂、政治家懐柔には金正日との太いパイプを騙る。統一戦線部のドン金容淳(キム・ヨンスン)に重用されたことは事実だが、機関の幹部ではく、平工作員だった。

それでも外務省は’97年の日朝赤十字会談で、この工作員をカウンター・パートと認め、局長級が対応。2000年8月に東京で開かれた第10回日朝正常化交渉には、副団長として来日を果たす。

「マスコミもひどいですね。現金をファン・チョルに手渡す記者さんも、少なくありません。まさかと思うような社と人物が出入りしてました」(前掲書118頁)


来日時の宿泊先を監視していた公安関係者は、そう呆れる。ファン・チョルの手持ちバッグは現金で膨れ上がったという。ただし、出国する際、バッグは萎んでいた。

立ち寄った都内の金融機関から送金したのか…我が国の公安当局よりも、北朝鮮の秘密警察「国家安全保衛部」が、消えた現金に重大な関心を抱いた。

【トップ工作員の失踪と2号登場】

来日の3カ月後、北京で開催された第11回日朝正常化交渉に、黄哲(ファン・チョル)は現れなかった。日本側の担当官が理由を訊ねても、曖昧な返答しか得られない。

外交協議に限らず、スポーツ交流などの海外訪問団には必ず監視役が紛れ込む。来日時にメディア関係者から公然と賄賂を受け取っていたファン・チョルが網に掛かったことは確実だ。

また同時期、ファンの後ろ盾である金容淳(キム・ヨンスン)も裏金作りの証拠を掴まれ、窮地に陥っていたとされる。表舞台から消えて暫く後、「交通事故での死亡」が手短に公表された。

金容淳は、金丸訪朝団に続く、渡辺訪朝団や村山訪朝団などの窓口として悪名高い。異様な対北コメ支援を始め、我が国の北朝鮮利権を詳しく知る人物で、与野党を問わず、政界に深く根を張っていた。


一方のファン・チョルは、いわゆる小物界の大物で、包摂済みの記者や外務省を狼狽させた。突然の音信不通。収容所送りになったのか、既に処刑されたのか。

「彼の消息を知ろうと、2001年の夏に日本の関係者が、こっそりファン・チョルの平壌市内のアパートを訪ねた。ところが、彼と家族の姿は見えず、別の一家が住んでいた」(前掲書90頁)

親交を深めていた自民党実力者や外務省担当者は、途方に暮れたという。共犯関係にあった北のパイプ役が突如消滅したのだ。そんな時、外務省の北東アジア課に北朝鮮から国際電話が入った。

「黄哲指導員の代わりに、別の高官が日本政府との連絡を取ることになりました。できれば、中国で1度お会いしたい。お話したいことがあります」(前掲書88頁)

平成13年(2001年)の秋のことだった。第1次小泉訪朝の約1年前。この「別の高官」が、ミスターXと命名された新たな対日エージェント・柳敬(リュ・ギョン) だった。

ファン・チョルに入れ込んでいた担当官らは、北の申し出に躊躇した。その中、新たに外務省アジア大洋州局長に就任した人物が色気を示す。ガチでマジの親北売国奴・田中均の登場である。

【隠滅された2回の交渉記録】

「平壌宣言自体、北朝鮮に行く正に飛行機の中で見せられた」

安倍首相が日朝平壌宣言の内容を知ったのは、署名が交わされる当日の朝だった。6月18日に開かれた参院決算委の質疑で新たな事実が浮き彫りになった。

第1次小泉訪朝当時、安倍首相は官房副長官として政府中枢に居た。日朝秘密交渉について知ったのは、訪朝予定が電撃発表される直前。そして合意内容を把握したのは平成14年9月17日だったのだ。


「平壌宣言の作成過程において私はそもそも当時、いわゆるハードライナー(強硬派)と言われておりました」

この日の答弁で安倍首相は、日朝秘密交渉が親北派サークルの中だけで進められていたことを強く示唆した。週刊誌や新聞紙の朗読が延々と続く今国会の中で、異彩を放つ質疑だった。

質問に立ったのは立憲民主党の風間直樹議員。野田政権で外務政務官を務めた人物である。質疑で風間元政務官は、日朝秘密交渉の暗部に切り込む。公文書“隠滅”という重大問題だ。

「当時の交渉担当者は2回分の公電、外交交渉の記録を外務省に残していない」

田中均は柳敬(リュ・ギョン)と30回近く接触したが、2回分の記録が消えている。しかも訪朝発表から当日に至る間の重要な大詰め交渉の公電。安倍首相は“隠滅された交渉”の内容を知ってるのか?

「ご指摘の部分の日朝交渉については、記録が存在していない為、当時の田中局長が北朝鮮とどのような交渉を行い、何を約束したか、残念ながら私は承知しておりません」


安倍首相はそう答弁した。南スーダンPKOの日報などとは比較にならない問題。そこでは約1兆円の国家予算を投入する案件が妥結した可能性がある。

「日本と北朝鮮の交渉担当者の間で内々の合意がなされたとも聞く。国交正常化の際に日本から1兆円規模の経済協力資金を提供するという合意文書が交わされたと耳にしています」


風間元政務官は自らが得た様々な情報から、抹殺された2回の交渉は、1兆円提供に関わる内容だったと推測する。合意文書は、これまでも「日朝覚え書」として存在が指摘されたものだ。

【対北提供額1兆円を指す符牒】

「私は知らない」

田中均は交渉記録の隠蔽疑惑に対し、そう答えた。小泉訪朝の3年後、官房長官に就任した安倍首相が日朝交渉を精査した所、2回分の欠落が判明。直接本人に問い質すと、完全にシラを切ったのだ。

「ちょっと知らない。当時は局長だったから、私が記録を書くわけじゃない」


メディアの質問にも開き直る。もっとも“隠滅された2回の交渉記録”を追及しているのは、産経新聞などごく一部で、捏造紙やTBSなど朝鮮労働党系のメディアは、完全スルーを決め込む。

訪朝を直前に控えた田中均とミスターXこと柳敬の交渉では、拉致被害者の取り扱いが主な議題になった可能性も残る。拉致事件への関心が急速に高まり、田中が慌てたのが、この時期だ。



一方、2回の交渉で協力資金問題がテーマになったとする風間元政務官の推測にも合理性がある。外務省内には20数回の交渉記録が保管されているが、閲覧した政府高官は、こう首を傾げる。

「1兆円とも80億ドルともいわれる北朝鮮への経済協力の金額に関する協議場面が出てこない」

日朝平壌宣言は、第2項目に掲げられた「経済協力」に関わる取り決めがメーンだ。理念的・抽象的な他の3項目とは大きく異なり、国際協力銀行(JBIC)という固有名詞が唯一登場する。

振り込み先が具体的に記される一方、金額に関する交渉記録が一切ないことは不自然極まりない。その中、金額については既に日朝で折り合いが付いていたとの見方もある。

それが金丸信と金日成の妙香山極秘会談だ。この宴席で金丸信は南鮮への経済協力資金をベースに「50億ドル」を提示。金日成の顔色を伺いつつ、最終的は「80億ドル」に引き上げたとされる。

宴席の詳細について日本側には何の記録も残っていない。判っているのは、金日成が満足し、直後から正常化交渉がスタートしたことだ。北側は交渉で「主席と金丸の約束」を符牒のように使ったという。

「まさに平壌宣言が全てで、具体的な金額を記したものはないと認識しております」

核実験と弾道ミサイル乱射で北が事実上破棄した平壌宣言を政府が継承する姿勢は苦々しい。それでも安倍首相は金額に関する政府間交渉がないという立場を明らかにした。

独り歩きする「1兆円」とは、正式な決裁を経ていない「金丸-田中ライン」による妄想の産物だ。「1兆円」ありきで日朝関係改善を語る者は、政治家・評論家を問わず、北の工作員と認定する。

【リブートする親北売国奴】

「日朝の新しい関係構築に向けて動き出すべきだ」

永田町の親北派が寄り添い合う日朝国交正常化推進議員連盟が、公然と再起動した。米朝首脳会談に合わせ、6月中旬から週1回の驚異的なペースで繰り返し総会を開いている。

10年ぶりとなった6月11日の総会には約30人が出席。続く21日の総会は40人以上に膨れ上がり、自民党総裁選に名乗りを上げる石破茂も駆け付けた。

“拉致事件潰し”に政治生命を賭ける真正の売国奴集団。再起動2回目の金正恩マンセー総会には、朝鮮労働党の宣伝工作機関幹部、そして田中均がゲストとして招かれた。

身バレを厭わず、逆に好んで表舞台に姿を見せるのが、親北派の特徴だ。また政界に合わせ、メディアも連動。政治討論を偽装したプロパガンダ番組でも田中均の出演が“解禁”された。

かつて米国務省高官に「サスピシャス・ガイ(怪しい男)」と命名され、拉致被害者家族会とも敵対した平成最悪の外交官。それでも朝鮮労働党系メディアは田中均を担ぎ続けるしかない。


「ソン副局長らは、何としても5人を取り戻すよう命じられた。朝鮮総連を通じた工作も行われた。(略)『5人を戻すべきだ』と主張するテレビ・コメンテーターやジャーナリスト、政治家への接触が行われた」(前掲書162~163頁)

ソン副局長とは対日工作の表側責任者・宋日昊だ。中山恭子参与(当時)らの努力で「一時帰国」の裏合意が打破された後、一部メディアは拉致被害者の北送還キャンペーンに血道を上げた。


北工作機関の代弁者は田中均だけではなかった。メディアもまた平壌の意向に沿ってプロパガンダを垂れ流したのだ。この共犯関係は今も変わらないばかりか、部分的には強まっている。

統一戦線部の対日工作員ファン・チョルに賄賂を贈った記者は、10数年を経て幹部クラスに昇進した者も多いだろう。報道機関の上層部にまで拡大した汚染。引き返すことも裏切ることも出来ない。

北秘密警察が持つファンや金容淳の供述調書には、誰が貢いだか事細かく記されている。ドス黒い運命共同体。金王朝が崩壊し、贈賄リストが流出した時、我が国の親北メディアも瓦解する。

単なる北のシンパではなく、紅衛兵なのだ。自らの秘密を守る為、世論に抗っても北を擁護し、平壌の主張を代弁する。軍事独裁政権の走狗。金王朝が存続する限り、連中の見苦しい裸踊りは終わらない。



最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

引用以上


金丸信・田中均の2人が我が国の対北朝鮮交渉の最大のガンで有りますが、それ以外にも自民党や旧社会党の親北派議員やメディアにもガンは沢山いるわけです。
0 コメント

東京都、沖縄反基地活動家を極左暴力集団認定

東京都、沖縄反基地活動家を極左暴力集団認定


琉球新報さんのブログです。



引用




【東京】米軍北部訓練場のヘリパッド新設を巡り、警視庁の機動隊を沖縄に派遣した公金の支出は違法だとして東京都を訴えた住民訴訟の第7回口頭弁論が23日、東京地裁であった。被告の都は準備書面で、「抗議参加者の実態」として「県民のみならず、いわゆる極左暴力集団や反差別勢力の活動家または外国籍の者も確認されているのが実態」と指摘し、派遣根拠の「合理性」の一つに挙げた。



引用以上

IMG_1290
IMG_2220
image


こういった、活動をしているのですから、テロリスト認定でオケと思います。東京都の主張だというのがポイントですね。

0 コメント

三匹の機龍

三匹の機龍

楽韓webさんのブログです。




引用




 アニゴジ見てきましたよ。「おまえ出てこないんかーい!」っていう。全体に虚淵玄脚本と東宝怪獣シリーズへのリスペクトを感じますね。



引用以上


    あの三つが「おまえ」だと、私は思いました。飛行ユニットを付けて、尾っぽを壊された「おまえ」だと(ムリクリ)思って見ましょう。
    ついでに言うと彼の土地で鎮座ましまして動かずアースゴジラを苦しめた「#%*^<^^>」はガイガンのゴジラタワーのリスペクトだと脳内変換して見てました。
    3作目には「\0$\49」と「7°9」が出るフラグが立った様ですが、立てたフラグを折りまくる人がメインをつとめているからなー……。

#アニメ特撮#日本国内




0 コメント

朝日新聞韓国大統領府無期限出入り禁止

朝日新聞韓国大統領府無期限出入り禁止


(朝鮮日報日本語版) 「核搬出打診は虚偽」 韓国大統領府が朝日を出入り禁止に
5/18(金) 18:33配信 朝鮮日報日本語版

「鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(写真)が、北朝鮮の保有する核兵器と核物質を海外に搬出する案を米国に打診した」と報じた朝日新聞に対して、韓国大統領府(青瓦台)は18日、無期限の出入り禁止という重い懲戒処分を下した。



FullSizeRender

しかし、朝日新聞自身はもちろん日本の大手マスコミは「今のところ」どこも報道してはいません。ネットニュースでは溢れているのにフシギダナー。

#マスコミ#拡散希望#大韓民国

0 コメント

6月1日消費税廃止

6月1日消費税廃止

#海外#経済#拡散希望#政治家


引用

【クアラルンプール共同】マレーシア財務省は16日、6月1日から現行6%の消費税を事実上廃止すると発表した。



引用以上


消費税廃止はもちろん日本ではありません。先日、マハティール氏が勝利したマレーシアの話です。彼は公約であった消費税廃止を来月1日から実行するのです。日本も見習って消費税を廃止しましょう。
0 コメント

中国の静かな侵略

中国の静かな侵略


#中華人民共和国#拡散希望#海外


よもぎねこです♪さんのブログです。





引用

   ある優秀な金属探知機メーカーの社長が、中国に招待されてホテルで自分のPCを使う。 するとそこのWi-Fiでマルウェアを仕込まれて、知らずにそのまま持ち帰り、そのパソコンをまた会社で使う。

 すると今度はそのマルウェアが会社のPCとサーバーに入り込み、会社の技術を全部抜き取られる。

 その後間もなくその会社の製品とそっくりの製品が格安で乱売されるようになり、遂に会社は倒産に追い込まれた。

 会社側は何度もオーストラリア政府に、技術盗難の可能性が高いので調査してくれるように依頼したのですが、オーストラリア政府はそれを無視し続けました。



引用以上


   日本でも同様の事があったとしても何の不思議も有りません。むしろ、豪州だけだと思う方が不自然です。この様な事例がある事をより多くの人に知ってもらいたいと思います。



0 コメント

コラではありませんでした。

コラではありませんでした。

しまリアルさん疑ってすみませんでした。

しまリアルさんのブログです。



「今日お店に再訪しましたら雑誌がまだ残っていました。雑誌名は「ジョイフル 1995年8月号」近畿日本ツーリスト(株)出版部


なかなか知られていない雑誌でしたね。思い出せないわけです。


IMG_2195


IMG_2196


IMG_2197


これでソースが明確になったわけです。

拡散希望します。

#政治家#拡散希望#中華人民共和国#中華民国

0 コメント

コラの可能性微レ存

コラの可能性微レ存


#政治家#拡散希望



IMG_2190
一部ネット上で拡散されている、この写真ですが、フェイクニュースの可能性もあります。
ソースは

『『
しまリアル
しまリアル
@shimarealoki
食堂に置いてあった95年位の雑誌で、たまたま以下の記事見つけました。 『今、日本人でいるのはそれが都合がいいからです。日本のパスポートはあくまで外国に行きやすいからというだけのもの。私にはそれ以上の意味はありません。いずれ台湾籍に戻そ
うと思っています。#蓮舫 』

というものですが、何という雑誌なのか不明です。雑誌名を尋ねられて、

しまリアル
@shimarealoki
·
5月11日
返信先: @shimarealokiさん
1月位に撮ったので雑誌名とか忘れちゃったんですよね。表紙も撮っておけばよかった。まだあるかなぁ
しまリアル
@shimarealoki
·
12h
ありがとうございます。CREAの記事は97年で、この記事はステーションEYEのキャスター(93-95)やってるときみたいなんでCREAよりも前っぽいんです。でも雑誌はそんな系統でした。お店ちょっと離れていて、時間取れるか判りませんがなんとか行って探してみます。』
という風にごまかして(?)います。充分に拡散された所でコラージュでしたなどとされたら目も当てられません。しまリアルさん以外のソースを求めます。
0 コメント

靴デザートと記念ケーキと一人飯

靴デザートと記念ケーキと一人飯


1)安倍総理がイスラエルで振舞われたデザート

FullSizeRender

靴スイーツ
イスラエル大使館所在地
〒102-0084 
東京都千代田区二番町3番地


2)日中韓三国首脳会談で文在寅に出されたサプライズケーキ


IMG_2180

「文在寅大統領就任一周年おめでとうございます」


3)文在寅大統領が中華人民共和国を訪問した時の昼食

IMG_2182

中華人民共和国の庶民と打ち解ける為(笑)食事をする姿。

イスラエルと
日本と
中華人民共和国の
外国首脳に対する扱いです。
2)が一番慇懃無礼だと私は思いました。

#大韓民国#中華人民共和国#拡散希望#政治家#海外


0 コメント

ウィキペディアブロック



ウィキペディアブロック


来月に選挙が行われる東京都中野区長選に出馬する、

吉田康一郎

氏。を、応援する目的でウィキペディアに投稿しようとしたら

「このご使用のユーザー名またはIPアドレスは投稿ブロックの方針に従い、MaximusM4 ..によって投稿をブロックされています。具体的な理由は次の通りです。

L☆A:KAWAN○NA

  • ブロック開始時期: 2017年9月17日 (日) 15:26
  • ブロック解除予定: 2018年9月17日 (月) 15:26
  • ブロック対象: i26.242.iZ8.0/i7

投稿ブロック依頼あなたの会話ページなどに、より詳しい情報が記載されていることがありますので確認してください。」

何でだよ〜。ウチがウィキペディアに投稿するのはこれが初めてなのに!ウチは一生ウィキ処女でいろというのか!!

\\\٩(๑`^´๑)۶////プンスカ


\\\٩(๑`^´๑)۶////プンスカ


\\\٩(๑`^´๑)۶////プンスカ


#マスコミ#拡散希望#政治家

0 コメント

朝日新聞10億黒字

朝日新聞10億の黒字


アノニマスポストさんの記事です



http://anonymous-post.com/archives/23214



引用


【慶事】朝日新聞、発行部数が5年で半減 直近の半期営業損益は6億1100万円の赤字~ネットの反応



IMG_2168





IMG_2167



引用以上





新聞部門では6億の赤字ですが、不動産部門他の利益があるので、トータルでは10億円の黒字です。


#マスコミ#拡散希望

0 コメント

ヤクルト欧州に浸透す

ヤクルト欧州に浸透す


#海外#文化#拡散希望#日本国内


トトメス5世さんのブログです




引用



欧州で受け入れられるまで20年


IMG_2164


乳酸菌飲料を西洋人に勧めても理解できず、エナジードリンクのように「飲んですぐパワーが出る」ものが受けます。
欧州で乳酸菌飲料を売るのは、靴をはかない国で靴を売るようなもので、日本のメーカーは相手にもされなかった。
欧州には飲み物によって体質を改善するという考え方自体がなく、だからカフェインどばどばの健康飲料が受けました。
ヤクルト的な地味な健康飲料はなかなかブレイクせず、90年代から欧州で販売したが注目度は低かった。イギリスでは2009年に「原因不明の病気の子供がヤクルトを飲んだら治った」という奇妙な事件があった。報道によると子供は抗生物質で腸内細菌がダメージを受け、乳酸菌を取り入れることで、2日で回復した。
英独仏など欧州各国のスーパーで売られるようになって、やっと乳酸菌飲料が理解されるようになった。
赤ちゃんや子供用飲料、体調が優れないときなどに飲むものとして定着し、今では海外で国内の2倍以上消費している。
欧州でヤクルトが発売されたのは世紀末の1998年前後で、20年かけてようやく受け入れられた。



引用以上


日本発祥製品が世界に認められる事は嬉しいことです。特にヤクルトのように認められるまでに20年かかったと言う事は、それまでの先人たちの努力がやっと実ったと思えて、涙が自然に出てきました。追伸、カルピスお前も頑張れや。


0 コメント

新希望の党

新「希望の党」


日経新聞より


引用


松沢成文参院議員らが7日、国会内で記者会見し、国民民主党に合流した玉木雄一郎氏らと分党し、新たに「希望の党」を設立したと発表した。松沢氏が代表に就任し、中山成彬、井上一徳両衆院議員と中山恭子、行田邦子両参院議員が参加し計5人で立ち上げた。松沢氏は「離合集散を繰り返しては信頼は生まれない」と国民民主党を批判した。

引用以上


メンバーの略歴です。

松沢成文氏は元神奈川県知事ですね。
井上一徳氏は元自衛官で沖縄防衛局長経験者です。
行田邦子氏の経歴は民主党→みんなの党→無所属→希望の党(結党メンバー)。
中山成彬氏の経歴は自民党→たちあがれ日本→日本維新の会→日本のこころ→希望の党。
中山恭子氏は成彬氏の妻で、日本のこころの代表をやめて希望の党に移った人です。
維新と似た様なスタンスで国会運営をする事を期待します。まともな野党がもっと必要だと思います。

#政治家#拡散希望#日本国内
0 コメント

沖縄県内から来たのは15%

沖縄県内から来たのは15%

2018/05/05の琉球新報の記事からです。


『4月23~28日に実施された「辺野古ゲート前500人行動」の参加者へのアンケートを、同実行委員会が4日までに集計した。実行委のまとめでは、回答した411人中、県内からの参加が346人で84・2%、県外からの参加は64人で15・6%だった。 

実行委は「県民主体の運動であることが表れた。『外国の工作員が辺野古の運動を扇動している』といったインターネット上の言説を否定するデータにもなる」と強調している。国外からの参加は1人で0・2%だった。 

アンケートは行動最終日の4月28日に、参加した市民ら1488人に協力を呼びかけ、実施した。 』との事です。


沖縄県内から来たのが346人で参加者が1488人ですから、346÷1488×100=14・88%。あくまでも、何処から来たのかであって、「国籍」や「住所」を聞いているわけではありません。例えば、大阪に住んでいる在日が、当日に泊まっている那覇市のホテルからやって来たら、「沖縄県内」から来た、と答えても嘘ではありません。第一、自己申告で、何か「証拠」を提出したわけでも無いのです。

#派遣市民#日本国内#拡散希望#在日

0 コメント

隠れキリシタンは放送禁止用語?

隠れキリシタンは放送禁止用語?

世界遺産に「潜伏キリシタン」関連施設が登録される見込みになったのですが、潜伏キリシタン?初めて聞きました。
私は「隠れキリシタン」と習ったのですが、一体いつ「潜伏」キリシタンに変わったのでしょう?
早速、ウィキペディア先生に聞きに行きました。ざっくりいうと、隠れキリシタンには2種類あって、明治時代に解禁されるまでが「潜伏キリシタン」、解禁後も教会に戻らないのが「カクレキリシタン」(全てカタカナ表記)なのだそうです。

#歴史#日本国内#拡散希望
0 コメント

DHC吉田会長手記

DHC吉田会長手記

 

 

𠮷田嘉明(DHC会長)

 


 今、問題になっている放送倫理・番組向上機構(BPO)についてですが、まずこの倫理という言葉を辞書で調べてみると「善悪・正邪の判断において普遍的な基準となるもの」(「大辞泉」)ということになっています。そもそも委員のほとんどが反日、左翼という極端に偏った組織に「善悪・正邪」の判断などできるのでしょうか。

 


 沖縄問題に関わっている在日コリアンを中心にした活動家に、彼らが肩入れするのは恐らく同胞愛に起因しているものと思われます。私どもは同じように、わが同胞、沖縄県民の惨状を見て、止むに止まれぬ気持ちから放映に踏み切ったのです。これこそが善意ある正義の行動ではないでしょうか。

 


 先日、情報バラエティー番組『ニュース女子』の問題に関して、朝日新聞が「放送の打ち切り決定」というニュースを大々的に流したようですが、『ニュース女子』の放映は今も打ち切ってはいません。これからも全国17社の地上波放送局で放映は続行します。

 

 

 

 ただ、東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)では流さないというだけのことです。DHCの方から、MXテレビとの取引はお断りしました。「番組内容を全面的に変えたい」「『ニュース女子』というタイトルを全く違うものに変更したい」との申し出があり、それにはきっぱりとお断りしたというのが内情です。

 


 朝日新聞の報道を知って「もう『ニュース女子』は永久に見られないのか」とがっかりされたファンの方も大勢いらっしゃったようです。今回の騒動をきっかけに、朝日新聞の購読中止と広告掲載の禁止を全社員に通告しました。

 


 BPOは、NHKと地上波の民放テレビ局(民放連)から選任された委員で構成されていますが、普段NHKや地上波の民放テレビを見ていて何かを感じませんか。昔とは明らかに違って、どの局も左傾化、朝鮮化しています。

 


 TBS系『サンデーモーニング』が最も分かりやすいと思いますが、出演するコメンテーターの発言や放送内容はいずれも反日、反安倍を貫いており、徹底した左寄りの番組です。他の放送局もここまで見え見えの極端さはないにしても、内容的にはどれも五十歩百歩に過ぎません。NHKはさすがに国民の税金で支えられているだけあって、見え透いたやり方は避け、巧みにカモフラージュしていますが、やはり左傾化は隠しようがありません。

 


 今、多くの番組で東大や早稲田大出身の教授、在日帰化人のジャーナリストや文化人、一見性別不明の左翼芸能人らが特に珍重されているようです。私が在日帰化人の問題に触れると、すぐに「へイトだ」「差別発言だ」と言われますが、私は決して差別主義者でもレイシストでもありません。

 


 事実、DHCには国内だけでも約3千人の従業員がいますが、その中には少なくとも100人以上の帰化人が在籍しているものと思われます。7人いる役員のうち2人は帰化人です。社員も役員もまったく差別はしていません。みんな日本が大好きで、楽しく懸命に働いています。

 


 今、私が最も危倶しているのは、日本の主要分野にあまりにも増えすぎた「反日思想を持つ在日帰化人」のことです。日本人になりきって、日本のためにこれからも頑張ろうという人たちを差別しては絶対にいけません。反日だからダメなのです。日本という国にお世話になっていながら、日本の悪口は言う、日本を貶めることだけに生き甲斐を感じているような在日帰化人は逆に許せません。

 


 政界、官界、法曹界、マスコミ、実業界、スポーツ界、芸能界には驚くほど多数の在日帰化人がいます。ただ、芸能人やスポーツ選手に反日思想を持った人はほとんどいませんので何の問題もありません。むしろ人を楽しませる芸能性は純粋な日本人より優れていますので適材適所と言えましょう。

 


  実業界で大企業の創業者の大半は在日帰化人です。私のように純粋な大和民族はその点では珍しい存在かもしれません。この類の実業家は、反日ではありませんが、やはり民族的な性格からか、その貪欲さは半端ではありません。昔からの人情味あふれた小売店が全国から消えていったのは、率直に言ってこの人たちのせいだと思っています。

 


 政界、法曹界は特に在日帰化人が多いことで知られています。日本の全弁護士が所属している日弁連という団体がありますが、みなさんぜひ一度調べてみてください。本稿ではあえて触れませんが、驚くべきことが分かります。

 


 さて、表面的には政界の在日帰化人が最も目立ちますが、彼らはいやしくも国権の最高責任者であり、選挙によって選ばれた国民の代表者ですから、誰も文句を言う資格はないのです。何と言おうと国民が選んだわけですから。そもそも在日帰化人に、国会議員になれる資格を与えていいのかという問題もありますが、現行法で許されている限り、甘んじて受け入れざるを得ません。

 

 

 

 それにしても、昔の民主党(今の立憲民主党、民進党、希望の党)のような政党に再び政権を取られることがあったら、この美しい国、日本は完全に終わりを告げるでしょう。とはいえ、国会議員はどんな人柄であろうと、どんな出自であろうと、何万人という有権者から選ばれた人たちですので、好き嫌いはあっても尊敬の対象にせざるを得ません。

 


 それとは異なり、筆記試験に受かっただけの裁判官や弁護士はどうでしょうか。原発再稼働の問題等、国の将来を左右する大きな問題を一裁判官の裁量で決めることができる。しかも、その決定に国民は黙って従う。ここに誰も疑問を感じないのでしょうか。国益にかかわる問題は本来、国民の代表である国会議員が決めることではないでしょうか。

 


 裁判官は仕事をしている過程で多少なりとも人格形成がなされていくのでしょうが、弁護士に至っては、もともと世間知らずだった人が世俗にまみれ、どんどん劣化していると思うことがあります。官僚もそうですが、試験に受かるために勉強ばかりしてきたということは、その分若いときに人間として最も大切な他人を思いやる気持ちが欠落していたり、交友関係を通しての人間形成が醸成されていない人もいるのではないでしょうか。合格と同時に出来損ないの一丁上がりということです。

 

 

 

 ただ、官僚にも在日帰化人は大勢いても、反日思想を持った人は少ないようです。彼らのほとんどが東大法学部出身ですが、最近の劣化ぶりは話題になった文部科学省の前川喜平前次官や、厚生労働省東京労働局の勝田智明前局長らの上から目線の態度を見てもよく分かります。

 


 公僕というには程遠いと言わざるを得ません。「東大法学部を出ているから一番偉い」と勘違いしているのでしょうね。私は以前から東大と官僚が日本をダメにしていると言い続けていますが、もういい加減分かってもらいたいと思います。

 


 東大出になぜ在日コリアンが多いのかというのには理由があります。韓国の受験戦争は半端ではなく、仮に最高学府を卒業できても、上流階級出身かコネクションがない限り、一流企業には就職できません。これはよく知られた事実です。その点、日本では勉強して東大に合格さえすれば、どんな一流企業でも就職は思いのままです。

 


 もし司法試験に受かれば、長官にも次官にもなれます。だから、親は子供のために日本に帰化し、子供を東大に入れるために猛勉強をさせるのです。

 


 では、もし東大に落ちたら彼らはどうするか。ほとんどが早大へ行きます。その中から日本を忌避する学生は、やがて学生運動にはまり、左翼活動家へと変貌していくのです。学生運動家は卒業時、左翼系マスコミしか拾ってくれませんので、こうやってマスコミと在日コリアンは切っても切れない縁になっていくというわけです。

 

 

 

 さて、放送法第四条についてですが、これは当然、即刻撤廃すべきです。BPOが第四条に準拠して『ニュース女子』を断罪したというのなら、TBSやテレ朝はもっと昔から何百回も断罪されるべきでしょう。彼らは、政治的には全く公平ではないし、報道は事実を曲げまくっている。これだけでも第四条に抵触しているではありませんか。こんな第四条は何の役にも立たないばかりか、日本に害をもたらすだけです。

 


「第四条を撤廃したら、テレビが政治的に中立を保てないのではないか」と主張する人がいるようですが、バカも休み休み言えと言いたい。今、どのテレビ局が政治的に中立を保っているというのか。安倍さんも「働くな改革」とか「仕事放り出せフライデー」みたいな奇妙な法案を時々考え出しますが、この放送法第四条撤廃はよくぞ思いついたと思います。これにはもろ手を挙げて大賛成です。

 


 事実、日本には保守派寄りのテレビ局どころか中立のテレビ局さえ皆無です。NHKでさえ中立ではありません。こんないびつな状態は先進国として異常だと言わざるを得ません。

 

 

 

 それでも、明るい話題だってあります。最近ネットでは、多くの若い人たちが「今のテレビ報道はおかしい」「嘘が多すぎる」と思い始めているようです。特に「ミレニアル世代(2000年代初頭に成年期を迎えた世代)」と呼ばれる人たちは、進んで人助けをし、苦しいことを自ら背負ってやろうという気概を持った、今までに見たことのない稀有な世代です。

 


 彼らは明治以降、初めて登場する輝かしい新人類です。私は彼らに日本の将来を託し期待しようと思っています。彼らが40代、50代になったら、世界に類のない素晴らしい日本人として成長しているはずです。もちろん、その頃には今の地上波テレビ局の大半は、この世に存在していないでしょう。

 


 最後に、なぜ私が在日帰化人に危惧しているのか、という話をします。日本人は姿形だけ見ると中国人や韓国人に似ているので、日本人のルーツは朝鮮半島を渡ってきた渡来人だと思われがちです。

 


 ところが最近、遺伝子の研究により、日本人は彼らとは全く関係のない民族だということが分かってきました。縄文人の遺伝子を解析したら、他のアジア人とはまるで違う人種であったというのです。日本人の祖先は、約2万年前にシベリアから、陸続きだった北海道を経由し、日本列島に広まっていったのです。

 


 多少は南方や朝鮮半島から来た移民もいたようですが、その数は取るに足らないほどで、圧倒的多数がシベリアから南下してきたようです。アジアの中でも唯一日本人だけがヨーロッパ人に近い民族だったというのです。顔は似ていても、どうして中国人や韓国人とはこうも違うのだろうと思っていたことが、ここへきてやっと氷解しました。

 


 見えない絶対的な力を仮に「神様」と称すれば、神様の考えていることはただーつ「種族維持本能を生きとし生けるものに与える」ということだと思います。これは犬に例えるなら、コリー犬はコリー犬だし、ブルドックはずっとブルドックです。何百年たっても見分けがつかないような犬にはなりません。

 


 我々は全くの異人種である韓国人と仲良くすることはあっても、そして多少は移民として受け入れることはあっても、決して大量にこの国に入れてはいけないのです。ましてや、政権やメディアを彼らに牛耳られることは絶対に避けなければなりません。

 

0 コメント

‪さて、私のフェイスブックも同様の措置がとられるのでしょうか?‬

さて、私のフェイスブックも同様の措置がとられるのでしょうか?


0 コメント

朴大統領退陣を求めるデモ隊

朴大統領退陣を求めるデモ隊。ソウル市庁舎前広場も公道も人だらけ。すぐ火病起こす民族性は昔も今も変わらない。支那人もこのぐらい単純に動いてくれればな

FullSizeRender

0 コメント

漁場を護れ

憲法改正反対!国際法違反の現行憲法凍結!大日本帝国憲法再生!

日本と中国〜さんのブログです


http://s.ameblo.jp/anti-ccp/entry-12144215518.html

引用

中国のやり方を見ていると・・・

取り締まりのされていない海に、

「一挙に押し寄せて乱獲していく」

という狡猾な手法をとっているしか思えません。

 

厳罰化した法律があるのであれば、

なぜ北太平洋の海を守ることができないのでしょうか?

 

日本も台湾のように
しっかりと取り締まる姿勢を見せていくことが必要不可欠でしょう。

 

日本国民を守るために日本の海を守ること…

これは「待ったなし」だと強く感じます。

 

ぜひ海上保安庁に意見具申をしていきましょう!
海上保安庁のホームページ


引用以上


   中国の海洋資源の乱獲は、日本近海に留まらず、全世界に及んでいます。中国最後の指導者、習近平氏の焦りもあるのでしょう。


霊剣山♯10を見ながら



ベルギー、ブリュッセルにも弔意を!


日本漁場死守

日本と中国~さんのブログです

http://s.ameblo.jp/anti-ccp/entry-12143606797.html

引用

虎網漁船は、日本の漁民にとって恐怖の存在でしかありません。

日々、中国船に怯え、近づいてくれば逃げるしか道はありません。

 

日本国民のために漁を行っている方々も守ることができていないことに

心が引き裂かれる思いがします。

 

本土では、『安保法制』は必要がないと言っている方がいますが

であれば、この日本の漁船を誰が守るのでしょう?

自衛隊、海上保安庁による警備が必要不可欠となります。

 

中国の漁船団には、対話は通じません。

もしこちらからの呼びかけに通じていたら、今のように東シナ海の水資源が激減することは

なかったでしょう。

 

この問題をなぜ朝日新聞社では報道しないのか?

投げかけを行っていきましょう!

 

・朝日新聞社のお問い合わせ先一覧

 

・環境保護団体 ~なぜ中国船の『水資源の乱獲』に抗議しない?

引用以上

   虎網漁法による乱獲は、全世界の水産資源の枯渇をもたらします。日本だけの問題ではないのです。日本のマスコミや環境保護団体も抗議するべきです。

ヘヴィオブジェクト♯22を見ながら

ベルギー、ブリュッセルにも弔意を!

日朝交渉記録キーマン田中均

日朝交渉記録キーマン田中均

#朝鮮民主主義人民共和国#政治家


2018年6月21日の産経新聞から


https://www.sankei.com/premium/news/180621/prm1806210009-n1.html


引用


18日の参院決算委員会での立憲民主党の風間直樹氏の質問は白眉だった。今後、北朝鮮との交渉で焦点となる可能性が高い部分について、正面から取り上げたのである。少し長いが紹介したい。

 風間氏「(平成14年の小泉純一郎首相の初訪朝)当時の交渉担当者は、2回分の外交交渉記録を外務省に残していないとの国会答弁がある。安倍晋三首相も『彼は交渉記録を一部残していない』と(25年6月の)フェイスブックで批判している。公電が欠落している2回の交渉で、当時の担当者が北朝鮮と何を約束したか知っているか」

 安倍首相「ご指摘の部分は記録が存在していないため、当時の田中均外務省アジア大洋州局長が北朝鮮とどのような交渉を行い、何を約束したかについては、残念ながら承知していない」

 風間氏「国交正常化の際に、日本から1兆円規模の経済協力資金を提供するとの合意が図られ文書も交わされたと耳にしている。抜け落ちた公電にはこの部分が記載されていたと思うが、日朝間にそういう約束はあるのか」

 安倍首相「日朝平壌宣言自体、北朝鮮に行く飛行機の中で見せられた。交渉過程、宣言作成過程については全く承知していない」

 この問題について産経新聞は、10年以上前から何度も書いてきたが、他のマスメディアはなぜか関心が薄いようである。参院決算委翌日の19日の在京各紙を見ても、この部分には一切触れていない。そこで改めておさらいをしたい。

 この件は、田中氏が北京などで北朝鮮側の「ミスターX」らと30回近く非公式折衝を実施したうち、14年8月30日に政府が小泉初訪朝を発表し、9月17日に金正日総書記と日朝首脳会談を行うまでの間の2回分の交渉記録が外務省内に残されていない-という大問題なのである。


 通例、外交上の重要な会談・交渉内容はすべて記録に残して幹部や担当者で情報を共有し、一定期間を経て国民に情報公開される。そうしないと、外交の継続性や成果は無に帰するし、どんな密約が交わされていても分からない。それが欠落しているのだから、看過できる話ではない。

 安倍首相は25年7月の日本記者クラブ主催の党首討論会で、かつて谷内正太郎外務事務次官(現国家安全保障局長)に「すべて(日朝交渉の)記録を見たいから調べてほしい」と依頼したところ、佐々江賢一郎アジア大洋州局長が「2回分がない」と報告してきたと証言した。田中氏本人に確かめると「私は知らない」と答えたことも、同時に明らかにしている。

 これは、ふだん野党が何かに取りつかれたように追及している森友学園への国有地払い下げをめぐる財務省の文書改竄(かいざん)問題や、愛媛県と加計学園とのやりとりの備忘録メモよりも、はるかに重大で深刻な問題である。日本側は把握していない2回分の記録を北朝鮮側が持ち出し、何を要求してくるか分からない。



引用以上

    記録に残っていない2回の日朝交渉で一体何が合意されたのでしょうか?田中均氏は高級とは言え1公務員に過ぎません。その彼が日本の立場を怪しくするような行動をとった可能性が大いにに有るのに、野党は勿論与党も問題視していない事に私は危機感を抱いています。
0 コメント

消された二回の日朝交渉記録

#朝鮮民主主義人民共和国#政治家


消された二回の日朝交渉記録


東アジア黙示録さんのブログです






引用


対北“賠償金”1兆円は、どの外交記録にも残っていない。隠滅された2回の交渉が再び国会の俎上に載る中、北工作機関の代弁者がメディアに復活。金王朝の紅衛兵たちが前線に躍り出る。



北朝鮮の景勝地・妙香山で接待を受けた記者団は、パニックに陥り、社会党委員長の田辺誠は発狂した。平壌に戻る列車が発車した時、金丸信の姿がなかったのだ。

平成2年9月に行われた金日成と金丸信の極秘会談。この席で、初めて北にプレゼントする“戦争賠償金”の具体的な額が提示された。外務省の随行員も通訳もいない口約束である。
▽妙香山の3党会談’90年9月

金丸信の洗脳を仕上げる為の特別な宴席。日本側の警護員は周辺に居た模様だが、宴席に付いたのは、北朝鮮側の日本語通訳を含む3人だけだったという。

今も我が国に絶大な悪影響を及ぼす妙香山会談。その全容を知る通訳は、名を黄哲(ファン・チョル)と言った。間もなく重用され、工作機関「統一戦線部」の対日エージェントとして暗躍を続ける。


「ファン・チョルこそ、90年代から日朝の舞台裏で走り回り、日本の政治家や新聞記者、官僚への工作活動を行った人物である」(重村智計著『外交敗北』89頁)

平壌支局開設をチラつかせての記者の包摂、政治家懐柔には金正日との太いパイプを騙る。統一戦線部のドン金容淳(キム・ヨンスン)に重用されたことは事実だが、機関の幹部ではく、平工作員だった。

それでも外務省は’97年の日朝赤十字会談で、この工作員をカウンター・パートと認め、局長級が対応。2000年8月に東京で開かれた第10回日朝正常化交渉には、副団長として来日を果たす。

「マスコミもひどいですね。現金をファン・チョルに手渡す記者さんも、少なくありません。まさかと思うような社と人物が出入りしてました」(前掲書118頁)


来日時の宿泊先を監視していた公安関係者は、そう呆れる。ファン・チョルの手持ちバッグは現金で膨れ上がったという。ただし、出国する際、バッグは萎んでいた。

立ち寄った都内の金融機関から送金したのか…我が国の公安当局よりも、北朝鮮の秘密警察「国家安全保衛部」が、消えた現金に重大な関心を抱いた。

【トップ工作員の失踪と2号登場】

来日の3カ月後、北京で開催された第11回日朝正常化交渉に、黄哲(ファン・チョル)は現れなかった。日本側の担当官が理由を訊ねても、曖昧な返答しか得られない。

外交協議に限らず、スポーツ交流などの海外訪問団には必ず監視役が紛れ込む。来日時にメディア関係者から公然と賄賂を受け取っていたファン・チョルが網に掛かったことは確実だ。

また同時期、ファンの後ろ盾である金容淳(キム・ヨンスン)も裏金作りの証拠を掴まれ、窮地に陥っていたとされる。表舞台から消えて暫く後、「交通事故での死亡」が手短に公表された。

金容淳は、金丸訪朝団に続く、渡辺訪朝団や村山訪朝団などの窓口として悪名高い。異様な対北コメ支援を始め、我が国の北朝鮮利権を詳しく知る人物で、与野党を問わず、政界に深く根を張っていた。


一方のファン・チョルは、いわゆる小物界の大物で、包摂済みの記者や外務省を狼狽させた。突然の音信不通。収容所送りになったのか、既に処刑されたのか。

「彼の消息を知ろうと、2001年の夏に日本の関係者が、こっそりファン・チョルの平壌市内のアパートを訪ねた。ところが、彼と家族の姿は見えず、別の一家が住んでいた」(前掲書90頁)

親交を深めていた自民党実力者や外務省担当者は、途方に暮れたという。共犯関係にあった北のパイプ役が突如消滅したのだ。そんな時、外務省の北東アジア課に北朝鮮から国際電話が入った。

「黄哲指導員の代わりに、別の高官が日本政府との連絡を取ることになりました。できれば、中国で1度お会いしたい。お話したいことがあります」(前掲書88頁)

平成13年(2001年)の秋のことだった。第1次小泉訪朝の約1年前。この「別の高官」が、ミスターXと命名された新たな対日エージェント・柳敬(リュ・ギョン) だった。

ファン・チョルに入れ込んでいた担当官らは、北の申し出に躊躇した。その中、新たに外務省アジア大洋州局長に就任した人物が色気を示す。ガチでマジの親北売国奴・田中均の登場である。

【隠滅された2回の交渉記録】

「平壌宣言自体、北朝鮮に行く正に飛行機の中で見せられた」

安倍首相が日朝平壌宣言の内容を知ったのは、署名が交わされる当日の朝だった。6月18日に開かれた参院決算委の質疑で新たな事実が浮き彫りになった。

第1次小泉訪朝当時、安倍首相は官房副長官として政府中枢に居た。日朝秘密交渉について知ったのは、訪朝予定が電撃発表される直前。そして合意内容を把握したのは平成14年9月17日だったのだ。


「平壌宣言の作成過程において私はそもそも当時、いわゆるハードライナー(強硬派)と言われておりました」

この日の答弁で安倍首相は、日朝秘密交渉が親北派サークルの中だけで進められていたことを強く示唆した。週刊誌や新聞紙の朗読が延々と続く今国会の中で、異彩を放つ質疑だった。

質問に立ったのは立憲民主党の風間直樹議員。野田政権で外務政務官を務めた人物である。質疑で風間元政務官は、日朝秘密交渉の暗部に切り込む。公文書“隠滅”という重大問題だ。

「当時の交渉担当者は2回分の公電、外交交渉の記録を外務省に残していない」

田中均は柳敬(リュ・ギョン)と30回近く接触したが、2回分の記録が消えている。しかも訪朝発表から当日に至る間の重要な大詰め交渉の公電。安倍首相は“隠滅された交渉”の内容を知ってるのか?

「ご指摘の部分の日朝交渉については、記録が存在していない為、当時の田中局長が北朝鮮とどのような交渉を行い、何を約束したか、残念ながら私は承知しておりません」


安倍首相はそう答弁した。南スーダンPKOの日報などとは比較にならない問題。そこでは約1兆円の国家予算を投入する案件が妥結した可能性がある。

「日本と北朝鮮の交渉担当者の間で内々の合意がなされたとも聞く。国交正常化の際に日本から1兆円規模の経済協力資金を提供するという合意文書が交わされたと耳にしています」


風間元政務官は自らが得た様々な情報から、抹殺された2回の交渉は、1兆円提供に関わる内容だったと推測する。合意文書は、これまでも「日朝覚え書」として存在が指摘されたものだ。

【対北提供額1兆円を指す符牒】

「私は知らない」

田中均は交渉記録の隠蔽疑惑に対し、そう答えた。小泉訪朝の3年後、官房長官に就任した安倍首相が日朝交渉を精査した所、2回分の欠落が判明。直接本人に問い質すと、完全にシラを切ったのだ。

「ちょっと知らない。当時は局長だったから、私が記録を書くわけじゃない」


メディアの質問にも開き直る。もっとも“隠滅された2回の交渉記録”を追及しているのは、産経新聞などごく一部で、捏造紙やTBSなど朝鮮労働党系のメディアは、完全スルーを決め込む。

訪朝を直前に控えた田中均とミスターXこと柳敬の交渉では、拉致被害者の取り扱いが主な議題になった可能性も残る。拉致事件への関心が急速に高まり、田中が慌てたのが、この時期だ。



一方、2回の交渉で協力資金問題がテーマになったとする風間元政務官の推測にも合理性がある。外務省内には20数回の交渉記録が保管されているが、閲覧した政府高官は、こう首を傾げる。

「1兆円とも80億ドルともいわれる北朝鮮への経済協力の金額に関する協議場面が出てこない」

日朝平壌宣言は、第2項目に掲げられた「経済協力」に関わる取り決めがメーンだ。理念的・抽象的な他の3項目とは大きく異なり、国際協力銀行(JBIC)という固有名詞が唯一登場する。

振り込み先が具体的に記される一方、金額に関する交渉記録が一切ないことは不自然極まりない。その中、金額については既に日朝で折り合いが付いていたとの見方もある。

それが金丸信と金日成の妙香山極秘会談だ。この宴席で金丸信は南鮮への経済協力資金をベースに「50億ドル」を提示。金日成の顔色を伺いつつ、最終的は「80億ドル」に引き上げたとされる。

宴席の詳細について日本側には何の記録も残っていない。判っているのは、金日成が満足し、直後から正常化交渉がスタートしたことだ。北側は交渉で「主席と金丸の約束」を符牒のように使ったという。

「まさに平壌宣言が全てで、具体的な金額を記したものはないと認識しております」

核実験と弾道ミサイル乱射で北が事実上破棄した平壌宣言を政府が継承する姿勢は苦々しい。それでも安倍首相は金額に関する政府間交渉がないという立場を明らかにした。

独り歩きする「1兆円」とは、正式な決裁を経ていない「金丸-田中ライン」による妄想の産物だ。「1兆円」ありきで日朝関係改善を語る者は、政治家・評論家を問わず、北の工作員と認定する。

【リブートする親北売国奴】

「日朝の新しい関係構築に向けて動き出すべきだ」

永田町の親北派が寄り添い合う日朝国交正常化推進議員連盟が、公然と再起動した。米朝首脳会談に合わせ、6月中旬から週1回の驚異的なペースで繰り返し総会を開いている。

10年ぶりとなった6月11日の総会には約30人が出席。続く21日の総会は40人以上に膨れ上がり、自民党総裁選に名乗りを上げる石破茂も駆け付けた。

“拉致事件潰し”に政治生命を賭ける真正の売国奴集団。再起動2回目の金正恩マンセー総会には、朝鮮労働党の宣伝工作機関幹部、そして田中均がゲストとして招かれた。

身バレを厭わず、逆に好んで表舞台に姿を見せるのが、親北派の特徴だ。また政界に合わせ、メディアも連動。政治討論を偽装したプロパガンダ番組でも田中均の出演が“解禁”された。

かつて米国務省高官に「サスピシャス・ガイ(怪しい男)」と命名され、拉致被害者家族会とも敵対した平成最悪の外交官。それでも朝鮮労働党系メディアは田中均を担ぎ続けるしかない。


「ソン副局長らは、何としても5人を取り戻すよう命じられた。朝鮮総連を通じた工作も行われた。(略)『5人を戻すべきだ』と主張するテレビ・コメンテーターやジャーナリスト、政治家への接触が行われた」(前掲書162~163頁)

ソン副局長とは対日工作の表側責任者・宋日昊だ。中山恭子参与(当時)らの努力で「一時帰国」の裏合意が打破された後、一部メディアは拉致被害者の北送還キャンペーンに血道を上げた。


北工作機関の代弁者は田中均だけではなかった。メディアもまた平壌の意向に沿ってプロパガンダを垂れ流したのだ。この共犯関係は今も変わらないばかりか、部分的には強まっている。

統一戦線部の対日工作員ファン・チョルに賄賂を贈った記者は、10数年を経て幹部クラスに昇進した者も多いだろう。報道機関の上層部にまで拡大した汚染。引き返すことも裏切ることも出来ない。

北秘密警察が持つファンや金容淳の供述調書には、誰が貢いだか事細かく記されている。ドス黒い運命共同体。金王朝が崩壊し、贈賄リストが流出した時、我が国の親北メディアも瓦解する。

単なる北のシンパではなく、紅衛兵なのだ。自らの秘密を守る為、世論に抗っても北を擁護し、平壌の主張を代弁する。軍事独裁政権の走狗。金王朝が存続する限り、連中の見苦しい裸踊りは終わらない。



最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

引用以上


金丸信・田中均の2人が我が国の対北朝鮮交渉の最大のガンで有りますが、それ以外にも自民党や旧社会党の親北派議員やメディアにもガンは沢山いるわけです。
0 コメント

東京都、沖縄反基地活動家を極左暴力集団認定

東京都、沖縄反基地活動家を極左暴力集団認定


琉球新報さんのブログです。



引用




【東京】米軍北部訓練場のヘリパッド新設を巡り、警視庁の機動隊を沖縄に派遣した公金の支出は違法だとして東京都を訴えた住民訴訟の第7回口頭弁論が23日、東京地裁であった。被告の都は準備書面で、「抗議参加者の実態」として「県民のみならず、いわゆる極左暴力集団や反差別勢力の活動家または外国籍の者も確認されているのが実態」と指摘し、派遣根拠の「合理性」の一つに挙げた。



引用以上

IMG_1290
IMG_2220
image


こういった、活動をしているのですから、テロリスト認定でオケと思います。東京都の主張だというのがポイントですね。

0 コメント

三匹の機龍

三匹の機龍

楽韓webさんのブログです。




引用




 アニゴジ見てきましたよ。「おまえ出てこないんかーい!」っていう。全体に虚淵玄脚本と東宝怪獣シリーズへのリスペクトを感じますね。



引用以上


    あの三つが「おまえ」だと、私は思いました。飛行ユニットを付けて、尾っぽを壊された「おまえ」だと(ムリクリ)思って見ましょう。
    ついでに言うと彼の土地で鎮座ましまして動かずアースゴジラを苦しめた「#%*^<^^>」はガイガンのゴジラタワーのリスペクトだと脳内変換して見てました。
    3作目には「\0$\49」と「7°9」が出るフラグが立った様ですが、立てたフラグを折りまくる人がメインをつとめているからなー……。

#アニメ特撮#日本国内




0 コメント

全世界が死の海に!

日本と中国〜さんのブログです





引用



漁場が徐々に奪われているという

日本の漁民にとって存亡の危機に値する大きな問題に対し、

テレビなどでは報道しようとしません。

 

漁ができなければ、日本国民の食の安全保障ですら、犯されるのに。

 

中国の反対を恐れ、ただ目をつむり見ない振りを続けているとしか思えません。

 

中国は、自国の歴史、そして領土領海でさえも

息を吐くように嘘をつき、不法に縄張りを増やし続けています。

中古共産党は、中国漁民に嘘を吹聴し、侵略を助長しているのです。

 

今、私たち日本国民が声を大にして、このことを問題視していなければ

尖閣付近だけでなく日本近海まで、赤く染まった海となることでしょう。

 

 

海上保安庁へこの問題を送り、体制強化を求めましょう!

海上保安庁への意見具申はこちらから!

 


引用以上



    今現在さえ良ければ、将来の事は考えていない。中国の漁法は海洋資源を枯渇させようとしています。中国漁船は日本近海のみならず、全世界に向けて出漁しています。このままでは、全ての海が死の海に成ってしまうでしょう。



ヘヴィオブジェクト♯23を見ながら



ベルギー、ブリュッセルにも弔意を!


違法民泊横行

朝鮮学校解体

チャンドラ・ボース

日朝交渉記録キーマン田中均

日朝交渉記録キーマン田中均

#朝鮮民主主義人民共和国#政治家


2018年6月21日の産経新聞から


https://www.sankei.com/premium/news/180621/prm1806210009-n1.html


引用


18日の参院決算委員会での立憲民主党の風間直樹氏の質問は白眉だった。今後、北朝鮮との交渉で焦点となる可能性が高い部分について、正面から取り上げたのである。少し長いが紹介したい。

 風間氏「(平成14年の小泉純一郎首相の初訪朝)当時の交渉担当者は、2回分の外交交渉記録を外務省に残していないとの国会答弁がある。安倍晋三首相も『彼は交渉記録を一部残していない』と(25年6月の)フェイスブックで批判している。公電が欠落している2回の交渉で、当時の担当者が北朝鮮と何を約束したか知っているか」

 安倍首相「ご指摘の部分は記録が存在していないため、当時の田中均外務省アジア大洋州局長が北朝鮮とどのような交渉を行い、何を約束したかについては、残念ながら承知していない」

 風間氏「国交正常化の際に、日本から1兆円規模の経済協力資金を提供するとの合意が図られ文書も交わされたと耳にしている。抜け落ちた公電にはこの部分が記載されていたと思うが、日朝間にそういう約束はあるのか」

 安倍首相「日朝平壌宣言自体、北朝鮮に行く飛行機の中で見せられた。交渉過程、宣言作成過程については全く承知していない」

 この問題について産経新聞は、10年以上前から何度も書いてきたが、他のマスメディアはなぜか関心が薄いようである。参院決算委翌日の19日の在京各紙を見ても、この部分には一切触れていない。そこで改めておさらいをしたい。

 この件は、田中氏が北京などで北朝鮮側の「ミスターX」らと30回近く非公式折衝を実施したうち、14年8月30日に政府が小泉初訪朝を発表し、9月17日に金正日総書記と日朝首脳会談を行うまでの間の2回分の交渉記録が外務省内に残されていない-という大問題なのである。


 通例、外交上の重要な会談・交渉内容はすべて記録に残して幹部や担当者で情報を共有し、一定期間を経て国民に情報公開される。そうしないと、外交の継続性や成果は無に帰するし、どんな密約が交わされていても分からない。それが欠落しているのだから、看過できる話ではない。

 安倍首相は25年7月の日本記者クラブ主催の党首討論会で、かつて谷内正太郎外務事務次官(現国家安全保障局長)に「すべて(日朝交渉の)記録を見たいから調べてほしい」と依頼したところ、佐々江賢一郎アジア大洋州局長が「2回分がない」と報告してきたと証言した。田中氏本人に確かめると「私は知らない」と答えたことも、同時に明らかにしている。

 これは、ふだん野党が何かに取りつかれたように追及している森友学園への国有地払い下げをめぐる財務省の文書改竄(かいざん)問題や、愛媛県と加計学園とのやりとりの備忘録メモよりも、はるかに重大で深刻な問題である。日本側は把握していない2回分の記録を北朝鮮側が持ち出し、何を要求してくるか分からない。



引用以上

    記録に残っていない2回の日朝交渉で一体何が合意されたのでしょうか?田中均氏は高級とは言え1公務員に過ぎません。その彼が日本の立場を怪しくするような行動をとった可能性が大いにに有るのに、野党は勿論与党も問題視していない事に私は危機感を抱いています。
0 コメント

消された二回の日朝交渉記録

#朝鮮民主主義人民共和国#政治家


消された二回の日朝交渉記録


東アジア黙示録さんのブログです






引用


対北“賠償金”1兆円は、どの外交記録にも残っていない。隠滅された2回の交渉が再び国会の俎上に載る中、北工作機関の代弁者がメディアに復活。金王朝の紅衛兵たちが前線に躍り出る。



北朝鮮の景勝地・妙香山で接待を受けた記者団は、パニックに陥り、社会党委員長の田辺誠は発狂した。平壌に戻る列車が発車した時、金丸信の姿がなかったのだ。

平成2年9月に行われた金日成と金丸信の極秘会談。この席で、初めて北にプレゼントする“戦争賠償金”の具体的な額が提示された。外務省の随行員も通訳もいない口約束である。
▽妙香山の3党会談’90年9月

金丸信の洗脳を仕上げる為の特別な宴席。日本側の警護員は周辺に居た模様だが、宴席に付いたのは、北朝鮮側の日本語通訳を含む3人だけだったという。

今も我が国に絶大な悪影響を及ぼす妙香山会談。その全容を知る通訳は、名を黄哲(ファン・チョル)と言った。間もなく重用され、工作機関「統一戦線部」の対日エージェントとして暗躍を続ける。


「ファン・チョルこそ、90年代から日朝の舞台裏で走り回り、日本の政治家や新聞記者、官僚への工作活動を行った人物である」(重村智計著『外交敗北』89頁)

平壌支局開設をチラつかせての記者の包摂、政治家懐柔には金正日との太いパイプを騙る。統一戦線部のドン金容淳(キム・ヨンスン)に重用されたことは事実だが、機関の幹部ではく、平工作員だった。

それでも外務省は’97年の日朝赤十字会談で、この工作員をカウンター・パートと認め、局長級が対応。2000年8月に東京で開かれた第10回日朝正常化交渉には、副団長として来日を果たす。

「マスコミもひどいですね。現金をファン・チョルに手渡す記者さんも、少なくありません。まさかと思うような社と人物が出入りしてました」(前掲書118頁)


来日時の宿泊先を監視していた公安関係者は、そう呆れる。ファン・チョルの手持ちバッグは現金で膨れ上がったという。ただし、出国する際、バッグは萎んでいた。

立ち寄った都内の金融機関から送金したのか…我が国の公安当局よりも、北朝鮮の秘密警察「国家安全保衛部」が、消えた現金に重大な関心を抱いた。

【トップ工作員の失踪と2号登場】

来日の3カ月後、北京で開催された第11回日朝正常化交渉に、黄哲(ファン・チョル)は現れなかった。日本側の担当官が理由を訊ねても、曖昧な返答しか得られない。

外交協議に限らず、スポーツ交流などの海外訪問団には必ず監視役が紛れ込む。来日時にメディア関係者から公然と賄賂を受け取っていたファン・チョルが網に掛かったことは確実だ。

また同時期、ファンの後ろ盾である金容淳(キム・ヨンスン)も裏金作りの証拠を掴まれ、窮地に陥っていたとされる。表舞台から消えて暫く後、「交通事故での死亡」が手短に公表された。

金容淳は、金丸訪朝団に続く、渡辺訪朝団や村山訪朝団などの窓口として悪名高い。異様な対北コメ支援を始め、我が国の北朝鮮利権を詳しく知る人物で、与野党を問わず、政界に深く根を張っていた。


一方のファン・チョルは、いわゆる小物界の大物で、包摂済みの記者や外務省を狼狽させた。突然の音信不通。収容所送りになったのか、既に処刑されたのか。

「彼の消息を知ろうと、2001年の夏に日本の関係者が、こっそりファン・チョルの平壌市内のアパートを訪ねた。ところが、彼と家族の姿は見えず、別の一家が住んでいた」(前掲書90頁)

親交を深めていた自民党実力者や外務省担当者は、途方に暮れたという。共犯関係にあった北のパイプ役が突如消滅したのだ。そんな時、外務省の北東アジア課に北朝鮮から国際電話が入った。

「黄哲指導員の代わりに、別の高官が日本政府との連絡を取ることになりました。できれば、中国で1度お会いしたい。お話したいことがあります」(前掲書88頁)

平成13年(2001年)の秋のことだった。第1次小泉訪朝の約1年前。この「別の高官」が、ミスターXと命名された新たな対日エージェント・柳敬(リュ・ギョン) だった。

ファン・チョルに入れ込んでいた担当官らは、北の申し出に躊躇した。その中、新たに外務省アジア大洋州局長に就任した人物が色気を示す。ガチでマジの親北売国奴・田中均の登場である。

【隠滅された2回の交渉記録】

「平壌宣言自体、北朝鮮に行く正に飛行機の中で見せられた」

安倍首相が日朝平壌宣言の内容を知ったのは、署名が交わされる当日の朝だった。6月18日に開かれた参院決算委の質疑で新たな事実が浮き彫りになった。

第1次小泉訪朝当時、安倍首相は官房副長官として政府中枢に居た。日朝秘密交渉について知ったのは、訪朝予定が電撃発表される直前。そして合意内容を把握したのは平成14年9月17日だったのだ。


「平壌宣言の作成過程において私はそもそも当時、いわゆるハードライナー(強硬派)と言われておりました」

この日の答弁で安倍首相は、日朝秘密交渉が親北派サークルの中だけで進められていたことを強く示唆した。週刊誌や新聞紙の朗読が延々と続く今国会の中で、異彩を放つ質疑だった。

質問に立ったのは立憲民主党の風間直樹議員。野田政権で外務政務官を務めた人物である。質疑で風間元政務官は、日朝秘密交渉の暗部に切り込む。公文書“隠滅”という重大問題だ。

「当時の交渉担当者は2回分の公電、外交交渉の記録を外務省に残していない」

田中均は柳敬(リュ・ギョン)と30回近く接触したが、2回分の記録が消えている。しかも訪朝発表から当日に至る間の重要な大詰め交渉の公電。安倍首相は“隠滅された交渉”の内容を知ってるのか?

「ご指摘の部分の日朝交渉については、記録が存在していない為、当時の田中局長が北朝鮮とどのような交渉を行い、何を約束したか、残念ながら私は承知しておりません」


安倍首相はそう答弁した。南スーダンPKOの日報などとは比較にならない問題。そこでは約1兆円の国家予算を投入する案件が妥結した可能性がある。

「日本と北朝鮮の交渉担当者の間で内々の合意がなされたとも聞く。国交正常化の際に日本から1兆円規模の経済協力資金を提供するという合意文書が交わされたと耳にしています」


風間元政務官は自らが得た様々な情報から、抹殺された2回の交渉は、1兆円提供に関わる内容だったと推測する。合意文書は、これまでも「日朝覚え書」として存在が指摘されたものだ。

【対北提供額1兆円を指す符牒】

「私は知らない」

田中均は交渉記録の隠蔽疑惑に対し、そう答えた。小泉訪朝の3年後、官房長官に就任した安倍首相が日朝交渉を精査した所、2回分の欠落が判明。直接本人に問い質すと、完全にシラを切ったのだ。

「ちょっと知らない。当時は局長だったから、私が記録を書くわけじゃない」


メディアの質問にも開き直る。もっとも“隠滅された2回の交渉記録”を追及しているのは、産経新聞などごく一部で、捏造紙やTBSなど朝鮮労働党系のメディアは、完全スルーを決め込む。

訪朝を直前に控えた田中均とミスターXこと柳敬の交渉では、拉致被害者の取り扱いが主な議題になった可能性も残る。拉致事件への関心が急速に高まり、田中が慌てたのが、この時期だ。



一方、2回の交渉で協力資金問題がテーマになったとする風間元政務官の推測にも合理性がある。外務省内には20数回の交渉記録が保管されているが、閲覧した政府高官は、こう首を傾げる。

「1兆円とも80億ドルともいわれる北朝鮮への経済協力の金額に関する協議場面が出てこない」

日朝平壌宣言は、第2項目に掲げられた「経済協力」に関わる取り決めがメーンだ。理念的・抽象的な他の3項目とは大きく異なり、国際協力銀行(JBIC)という固有名詞が唯一登場する。

振り込み先が具体的に記される一方、金額に関する交渉記録が一切ないことは不自然極まりない。その中、金額については既に日朝で折り合いが付いていたとの見方もある。

それが金丸信と金日成の妙香山極秘会談だ。この宴席で金丸信は南鮮への経済協力資金をベースに「50億ドル」を提示。金日成の顔色を伺いつつ、最終的は「80億ドル」に引き上げたとされる。

宴席の詳細について日本側には何の記録も残っていない。判っているのは、金日成が満足し、直後から正常化交渉がスタートしたことだ。北側は交渉で「主席と金丸の約束」を符牒のように使ったという。

「まさに平壌宣言が全てで、具体的な金額を記したものはないと認識しております」

核実験と弾道ミサイル乱射で北が事実上破棄した平壌宣言を政府が継承する姿勢は苦々しい。それでも安倍首相は金額に関する政府間交渉がないという立場を明らかにした。

独り歩きする「1兆円」とは、正式な決裁を経ていない「金丸-田中ライン」による妄想の産物だ。「1兆円」ありきで日朝関係改善を語る者は、政治家・評論家を問わず、北の工作員と認定する。

【リブートする親北売国奴】

「日朝の新しい関係構築に向けて動き出すべきだ」

永田町の親北派が寄り添い合う日朝国交正常化推進議員連盟が、公然と再起動した。米朝首脳会談に合わせ、6月中旬から週1回の驚異的なペースで繰り返し総会を開いている。

10年ぶりとなった6月11日の総会には約30人が出席。続く21日の総会は40人以上に膨れ上がり、自民党総裁選に名乗りを上げる石破茂も駆け付けた。

“拉致事件潰し”に政治生命を賭ける真正の売国奴集団。再起動2回目の金正恩マンセー総会には、朝鮮労働党の宣伝工作機関幹部、そして田中均がゲストとして招かれた。

身バレを厭わず、逆に好んで表舞台に姿を見せるのが、親北派の特徴だ。また政界に合わせ、メディアも連動。政治討論を偽装したプロパガンダ番組でも田中均の出演が“解禁”された。

かつて米国務省高官に「サスピシャス・ガイ(怪しい男)」と命名され、拉致被害者家族会とも敵対した平成最悪の外交官。それでも朝鮮労働党系メディアは田中均を担ぎ続けるしかない。


「ソン副局長らは、何としても5人を取り戻すよう命じられた。朝鮮総連を通じた工作も行われた。(略)『5人を戻すべきだ』と主張するテレビ・コメンテーターやジャーナリスト、政治家への接触が行われた」(前掲書162~163頁)

ソン副局長とは対日工作の表側責任者・宋日昊だ。中山恭子参与(当時)らの努力で「一時帰国」の裏合意が打破された後、一部メディアは拉致被害者の北送還キャンペーンに血道を上げた。


北工作機関の代弁者は田中均だけではなかった。メディアもまた平壌の意向に沿ってプロパガンダを垂れ流したのだ。この共犯関係は今も変わらないばかりか、部分的には強まっている。

統一戦線部の対日工作員ファン・チョルに賄賂を贈った記者は、10数年を経て幹部クラスに昇進した者も多いだろう。報道機関の上層部にまで拡大した汚染。引き返すことも裏切ることも出来ない。

北秘密警察が持つファンや金容淳の供述調書には、誰が貢いだか事細かく記されている。ドス黒い運命共同体。金王朝が崩壊し、贈賄リストが流出した時、我が国の親北メディアも瓦解する。

単なる北のシンパではなく、紅衛兵なのだ。自らの秘密を守る為、世論に抗っても北を擁護し、平壌の主張を代弁する。軍事独裁政権の走狗。金王朝が存続する限り、連中の見苦しい裸踊りは終わらない。



最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

引用以上


金丸信・田中均の2人が我が国の対北朝鮮交渉の最大のガンで有りますが、それ以外にも自民党や旧社会党の親北派議員やメディアにもガンは沢山いるわけです。
0 コメント

東京都、沖縄反基地活動家を極左暴力集団認定

東京都、沖縄反基地活動家を極左暴力集団認定


琉球新報さんのブログです。



引用




【東京】米軍北部訓練場のヘリパッド新設を巡り、警視庁の機動隊を沖縄に派遣した公金の支出は違法だとして東京都を訴えた住民訴訟の第7回口頭弁論が23日、東京地裁であった。被告の都は準備書面で、「抗議参加者の実態」として「県民のみならず、いわゆる極左暴力集団や反差別勢力の活動家または外国籍の者も確認されているのが実態」と指摘し、派遣根拠の「合理性」の一つに挙げた。



引用以上

IMG_1290
IMG_2220
image


こういった、活動をしているのですから、テロリスト認定でオケと思います。東京都の主張だというのがポイントですね。

0 コメント

三匹の機龍

三匹の機龍

楽韓webさんのブログです。




引用




 アニゴジ見てきましたよ。「おまえ出てこないんかーい!」っていう。全体に虚淵玄脚本と東宝怪獣シリーズへのリスペクトを感じますね。



引用以上


    あの三つが「おまえ」だと、私は思いました。飛行ユニットを付けて、尾っぽを壊された「おまえ」だと(ムリクリ)思って見ましょう。
    ついでに言うと彼の土地で鎮座ましまして動かずアースゴジラを苦しめた「#%*^<^^>」はガイガンのゴジラタワーのリスペクトだと脳内変換して見てました。
    3作目には「\0$\49」と「7°9」が出るフラグが立った様ですが、立てたフラグを折りまくる人がメインをつとめているからなー……。

#アニメ特撮#日本国内




0 コメント

新基地か移設か

狼魔人〜さんのブログです

http://blog.goo.ne.jp/taezaki160925/e/8b29b2c116ed8e3898de11a6b0185127 


引用

翁長知事に「移設」と「新基地」の違いを言わせています。
この定義からすると、辺野古は「移設」です。


>市長 ああ、じゃあ「推進はする」ということではなくて、「反対する立場ではない」ということですね。
>県知事 今までの計画の私どもは、同じ計画で進んで来ておりますので、「移設に関する協会の中で、これは議論するものである」ということです。
>市長 ありがとうございます。先ほど沖縄市の桑江市長からもありましたが、我々としましては、那覇市、そして沖縄県全体のためにこの協議会の中で県の立場を尊重し、我々としても苦渋の決断をしていこうということでございますので、やはり受け入れる先のしっかりとした声を聞いて頂きたいと。我々が国にいつも申すように我々沖縄県民の声に、しっかりと耳を傾けて頂きたいというスタンスと、我々も同じでございます。浦添市の市民が求める西海岸のあり方という声を沖縄県もそして那覇市の方にも届けていただいて、みんなでこの移設がスムーズに進むように、これからも(地元、浦添市との協議の)推進の方をよろしくお願いいたします。

那覇軍港「移設」に関して翁長知事から「反対する立場ではない」という言質も取りました。
 


引用以上

    「オール沖縄」と言われている翁長知事の反米軍基地活動ですが、色々と齟齬がある様ですね。やはり、最初のボタンのかけ違いをなんとかしないとならないのでしょうね。中国の沖縄侵略を支援する為に工作しています、とはっきり言ってしまえばいいのです。


金田一少年の事件簿2R♯23を見ながら

日朝交渉記録キーマン田中均

日朝交渉記録キーマン田中均

#朝鮮民主主義人民共和国#政治家


2018年6月21日の産経新聞から


https://www.sankei.com/premium/news/180621/prm1806210009-n1.html


引用


18日の参院決算委員会での立憲民主党の風間直樹氏の質問は白眉だった。今後、北朝鮮との交渉で焦点となる可能性が高い部分について、正面から取り上げたのである。少し長いが紹介したい。

 風間氏「(平成14年の小泉純一郎首相の初訪朝)当時の交渉担当者は、2回分の外交交渉記録を外務省に残していないとの国会答弁がある。安倍晋三首相も『彼は交渉記録を一部残していない』と(25年6月の)フェイスブックで批判している。公電が欠落している2回の交渉で、当時の担当者が北朝鮮と何を約束したか知っているか」

 安倍首相「ご指摘の部分は記録が存在していないため、当時の田中均外務省アジア大洋州局長が北朝鮮とどのような交渉を行い、何を約束したかについては、残念ながら承知していない」

 風間氏「国交正常化の際に、日本から1兆円規模の経済協力資金を提供するとの合意が図られ文書も交わされたと耳にしている。抜け落ちた公電にはこの部分が記載されていたと思うが、日朝間にそういう約束はあるのか」

 安倍首相「日朝平壌宣言自体、北朝鮮に行く飛行機の中で見せられた。交渉過程、宣言作成過程については全く承知していない」

 この問題について産経新聞は、10年以上前から何度も書いてきたが、他のマスメディアはなぜか関心が薄いようである。参院決算委翌日の19日の在京各紙を見ても、この部分には一切触れていない。そこで改めておさらいをしたい。

 この件は、田中氏が北京などで北朝鮮側の「ミスターX」らと30回近く非公式折衝を実施したうち、14年8月30日に政府が小泉初訪朝を発表し、9月17日に金正日総書記と日朝首脳会談を行うまでの間の2回分の交渉記録が外務省内に残されていない-という大問題なのである。


 通例、外交上の重要な会談・交渉内容はすべて記録に残して幹部や担当者で情報を共有し、一定期間を経て国民に情報公開される。そうしないと、外交の継続性や成果は無に帰するし、どんな密約が交わされていても分からない。それが欠落しているのだから、看過できる話ではない。

 安倍首相は25年7月の日本記者クラブ主催の党首討論会で、かつて谷内正太郎外務事務次官(現国家安全保障局長)に「すべて(日朝交渉の)記録を見たいから調べてほしい」と依頼したところ、佐々江賢一郎アジア大洋州局長が「2回分がない」と報告してきたと証言した。田中氏本人に確かめると「私は知らない」と答えたことも、同時に明らかにしている。

 これは、ふだん野党が何かに取りつかれたように追及している森友学園への国有地払い下げをめぐる財務省の文書改竄(かいざん)問題や、愛媛県と加計学園とのやりとりの備忘録メモよりも、はるかに重大で深刻な問題である。日本側は把握していない2回分の記録を北朝鮮側が持ち出し、何を要求してくるか分からない。



引用以上

    記録に残っていない2回の日朝交渉で一体何が合意されたのでしょうか?田中均氏は高級とは言え1公務員に過ぎません。その彼が日本の立場を怪しくするような行動をとった可能性が大いにに有るのに、野党は勿論与党も問題視していない事に私は危機感を抱いています。
0 コメント

消された二回の日朝交渉記録

#朝鮮民主主義人民共和国#政治家


消された二回の日朝交渉記録


東アジア黙示録さんのブログです






引用


対北“賠償金”1兆円は、どの外交記録にも残っていない。隠滅された2回の交渉が再び国会の俎上に載る中、北工作機関の代弁者がメディアに復活。金王朝の紅衛兵たちが前線に躍り出る。



北朝鮮の景勝地・妙香山で接待を受けた記者団は、パニックに陥り、社会党委員長の田辺誠は発狂した。平壌に戻る列車が発車した時、金丸信の姿がなかったのだ。

平成2年9月に行われた金日成と金丸信の極秘会談。この席で、初めて北にプレゼントする“戦争賠償金”の具体的な額が提示された。外務省の随行員も通訳もいない口約束である。
▽妙香山の3党会談’90年9月

金丸信の洗脳を仕上げる為の特別な宴席。日本側の警護員は周辺に居た模様だが、宴席に付いたのは、北朝鮮側の日本語通訳を含む3人だけだったという。

今も我が国に絶大な悪影響を及ぼす妙香山会談。その全容を知る通訳は、名を黄哲(ファン・チョル)と言った。間もなく重用され、工作機関「統一戦線部」の対日エージェントとして暗躍を続ける。


「ファン・チョルこそ、90年代から日朝の舞台裏で走り回り、日本の政治家や新聞記者、官僚への工作活動を行った人物である」(重村智計著『外交敗北』89頁)

平壌支局開設をチラつかせての記者の包摂、政治家懐柔には金正日との太いパイプを騙る。統一戦線部のドン金容淳(キム・ヨンスン)に重用されたことは事実だが、機関の幹部ではく、平工作員だった。

それでも外務省は’97年の日朝赤十字会談で、この工作員をカウンター・パートと認め、局長級が対応。2000年8月に東京で開かれた第10回日朝正常化交渉には、副団長として来日を果たす。

「マスコミもひどいですね。現金をファン・チョルに手渡す記者さんも、少なくありません。まさかと思うような社と人物が出入りしてました」(前掲書118頁)


来日時の宿泊先を監視していた公安関係者は、そう呆れる。ファン・チョルの手持ちバッグは現金で膨れ上がったという。ただし、出国する際、バッグは萎んでいた。

立ち寄った都内の金融機関から送金したのか…我が国の公安当局よりも、北朝鮮の秘密警察「国家安全保衛部」が、消えた現金に重大な関心を抱いた。

【トップ工作員の失踪と2号登場】

来日の3カ月後、北京で開催された第11回日朝正常化交渉に、黄哲(ファン・チョル)は現れなかった。日本側の担当官が理由を訊ねても、曖昧な返答しか得られない。

外交協議に限らず、スポーツ交流などの海外訪問団には必ず監視役が紛れ込む。来日時にメディア関係者から公然と賄賂を受け取っていたファン・チョルが網に掛かったことは確実だ。

また同時期、ファンの後ろ盾である金容淳(キム・ヨンスン)も裏金作りの証拠を掴まれ、窮地に陥っていたとされる。表舞台から消えて暫く後、「交通事故での死亡」が手短に公表された。

金容淳は、金丸訪朝団に続く、渡辺訪朝団や村山訪朝団などの窓口として悪名高い。異様な対北コメ支援を始め、我が国の北朝鮮利権を詳しく知る人物で、与野党を問わず、政界に深く根を張っていた。


一方のファン・チョルは、いわゆる小物界の大物で、包摂済みの記者や外務省を狼狽させた。突然の音信不通。収容所送りになったのか、既に処刑されたのか。

「彼の消息を知ろうと、2001年の夏に日本の関係者が、こっそりファン・チョルの平壌市内のアパートを訪ねた。ところが、彼と家族の姿は見えず、別の一家が住んでいた」(前掲書90頁)

親交を深めていた自民党実力者や外務省担当者は、途方に暮れたという。共犯関係にあった北のパイプ役が突如消滅したのだ。そんな時、外務省の北東アジア課に北朝鮮から国際電話が入った。

「黄哲指導員の代わりに、別の高官が日本政府との連絡を取ることになりました。できれば、中国で1度お会いしたい。お話したいことがあります」(前掲書88頁)

平成13年(2001年)の秋のことだった。第1次小泉訪朝の約1年前。この「別の高官」が、ミスターXと命名された新たな対日エージェント・柳敬(リュ・ギョン) だった。

ファン・チョルに入れ込んでいた担当官らは、北の申し出に躊躇した。その中、新たに外務省アジア大洋州局長に就任した人物が色気を示す。ガチでマジの親北売国奴・田中均の登場である。

【隠滅された2回の交渉記録】

「平壌宣言自体、北朝鮮に行く正に飛行機の中で見せられた」

安倍首相が日朝平壌宣言の内容を知ったのは、署名が交わされる当日の朝だった。6月18日に開かれた参院決算委の質疑で新たな事実が浮き彫りになった。

第1次小泉訪朝当時、安倍首相は官房副長官として政府中枢に居た。日朝秘密交渉について知ったのは、訪朝予定が電撃発表される直前。そして合意内容を把握したのは平成14年9月17日だったのだ。


「平壌宣言の作成過程において私はそもそも当時、いわゆるハードライナー(強硬派)と言われておりました」

この日の答弁で安倍首相は、日朝秘密交渉が親北派サークルの中だけで進められていたことを強く示唆した。週刊誌や新聞紙の朗読が延々と続く今国会の中で、異彩を放つ質疑だった。

質問に立ったのは立憲民主党の風間直樹議員。野田政権で外務政務官を務めた人物である。質疑で風間元政務官は、日朝秘密交渉の暗部に切り込む。公文書“隠滅”という重大問題だ。

「当時の交渉担当者は2回分の公電、外交交渉の記録を外務省に残していない」

田中均は柳敬(リュ・ギョン)と30回近く接触したが、2回分の記録が消えている。しかも訪朝発表から当日に至る間の重要な大詰め交渉の公電。安倍首相は“隠滅された交渉”の内容を知ってるのか?

「ご指摘の部分の日朝交渉については、記録が存在していない為、当時の田中局長が北朝鮮とどのような交渉を行い、何を約束したか、残念ながら私は承知しておりません」


安倍首相はそう答弁した。南スーダンPKOの日報などとは比較にならない問題。そこでは約1兆円の国家予算を投入する案件が妥結した可能性がある。

「日本と北朝鮮の交渉担当者の間で内々の合意がなされたとも聞く。国交正常化の際に日本から1兆円規模の経済協力資金を提供するという合意文書が交わされたと耳にしています」


風間元政務官は自らが得た様々な情報から、抹殺された2回の交渉は、1兆円提供に関わる内容だったと推測する。合意文書は、これまでも「日朝覚え書」として存在が指摘されたものだ。

【対北提供額1兆円を指す符牒】

「私は知らない」

田中均は交渉記録の隠蔽疑惑に対し、そう答えた。小泉訪朝の3年後、官房長官に就任した安倍首相が日朝交渉を精査した所、2回分の欠落が判明。直接本人に問い質すと、完全にシラを切ったのだ。

「ちょっと知らない。当時は局長だったから、私が記録を書くわけじゃない」


メディアの質問にも開き直る。もっとも“隠滅された2回の交渉記録”を追及しているのは、産経新聞などごく一部で、捏造紙やTBSなど朝鮮労働党系のメディアは、完全スルーを決め込む。

訪朝を直前に控えた田中均とミスターXこと柳敬の交渉では、拉致被害者の取り扱いが主な議題になった可能性も残る。拉致事件への関心が急速に高まり、田中が慌てたのが、この時期だ。



一方、2回の交渉で協力資金問題がテーマになったとする風間元政務官の推測にも合理性がある。外務省内には20数回の交渉記録が保管されているが、閲覧した政府高官は、こう首を傾げる。

「1兆円とも80億ドルともいわれる北朝鮮への経済協力の金額に関する協議場面が出てこない」

日朝平壌宣言は、第2項目に掲げられた「経済協力」に関わる取り決めがメーンだ。理念的・抽象的な他の3項目とは大きく異なり、国際協力銀行(JBIC)という固有名詞が唯一登場する。

振り込み先が具体的に記される一方、金額に関する交渉記録が一切ないことは不自然極まりない。その中、金額については既に日朝で折り合いが付いていたとの見方もある。

それが金丸信と金日成の妙香山極秘会談だ。この宴席で金丸信は南鮮への経済協力資金をベースに「50億ドル」を提示。金日成の顔色を伺いつつ、最終的は「80億ドル」に引き上げたとされる。

宴席の詳細について日本側には何の記録も残っていない。判っているのは、金日成が満足し、直後から正常化交渉がスタートしたことだ。北側は交渉で「主席と金丸の約束」を符牒のように使ったという。

「まさに平壌宣言が全てで、具体的な金額を記したものはないと認識しております」

核実験と弾道ミサイル乱射で北が事実上破棄した平壌宣言を政府が継承する姿勢は苦々しい。それでも安倍首相は金額に関する政府間交渉がないという立場を明らかにした。

独り歩きする「1兆円」とは、正式な決裁を経ていない「金丸-田中ライン」による妄想の産物だ。「1兆円」ありきで日朝関係改善を語る者は、政治家・評論家を問わず、北の工作員と認定する。

【リブートする親北売国奴】

「日朝の新しい関係構築に向けて動き出すべきだ」

永田町の親北派が寄り添い合う日朝国交正常化推進議員連盟が、公然と再起動した。米朝首脳会談に合わせ、6月中旬から週1回の驚異的なペースで繰り返し総会を開いている。

10年ぶりとなった6月11日の総会には約30人が出席。続く21日の総会は40人以上に膨れ上がり、自民党総裁選に名乗りを上げる石破茂も駆け付けた。

“拉致事件潰し”に政治生命を賭ける真正の売国奴集団。再起動2回目の金正恩マンセー総会には、朝鮮労働党の宣伝工作機関幹部、そして田中均がゲストとして招かれた。

身バレを厭わず、逆に好んで表舞台に姿を見せるのが、親北派の特徴だ。また政界に合わせ、メディアも連動。政治討論を偽装したプロパガンダ番組でも田中均の出演が“解禁”された。

かつて米国務省高官に「サスピシャス・ガイ(怪しい男)」と命名され、拉致被害者家族会とも敵対した平成最悪の外交官。それでも朝鮮労働党系メディアは田中均を担ぎ続けるしかない。


「ソン副局長らは、何としても5人を取り戻すよう命じられた。朝鮮総連を通じた工作も行われた。(略)『5人を戻すべきだ』と主張するテレビ・コメンテーターやジャーナリスト、政治家への接触が行われた」(前掲書162~163頁)

ソン副局長とは対日工作の表側責任者・宋日昊だ。中山恭子参与(当時)らの努力で「一時帰国」の裏合意が打破された後、一部メディアは拉致被害者の北送還キャンペーンに血道を上げた。


北工作機関の代弁者は田中均だけではなかった。メディアもまた平壌の意向に沿ってプロパガンダを垂れ流したのだ。この共犯関係は今も変わらないばかりか、部分的には強まっている。

統一戦線部の対日工作員ファン・チョルに賄賂を贈った記者は、10数年を経て幹部クラスに昇進した者も多いだろう。報道機関の上層部にまで拡大した汚染。引き返すことも裏切ることも出来ない。

北秘密警察が持つファンや金容淳の供述調書には、誰が貢いだか事細かく記されている。ドス黒い運命共同体。金王朝が崩壊し、贈賄リストが流出した時、我が国の親北メディアも瓦解する。

単なる北のシンパではなく、紅衛兵なのだ。自らの秘密を守る為、世論に抗っても北を擁護し、平壌の主張を代弁する。軍事独裁政権の走狗。金王朝が存続する限り、連中の見苦しい裸踊りは終わらない。



最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

引用以上


金丸信・田中均の2人が我が国の対北朝鮮交渉の最大のガンで有りますが、それ以外にも自民党や旧社会党の親北派議員やメディアにもガンは沢山いるわけです。
0 コメント

東京都、沖縄反基地活動家を極左暴力集団認定

東京都、沖縄反基地活動家を極左暴力集団認定


琉球新報さんのブログです。



引用




【東京】米軍北部訓練場のヘリパッド新設を巡り、警視庁の機動隊を沖縄に派遣した公金の支出は違法だとして東京都を訴えた住民訴訟の第7回口頭弁論が23日、東京地裁であった。被告の都は準備書面で、「抗議参加者の実態」として「県民のみならず、いわゆる極左暴力集団や反差別勢力の活動家または外国籍の者も確認されているのが実態」と指摘し、派遣根拠の「合理性」の一つに挙げた。



引用以上

IMG_1290
IMG_2220
image


こういった、活動をしているのですから、テロリスト認定でオケと思います。東京都の主張だというのがポイントですね。

0 コメント

三匹の機龍

三匹の機龍

楽韓webさんのブログです。




引用




 アニゴジ見てきましたよ。「おまえ出てこないんかーい!」っていう。全体に虚淵玄脚本と東宝怪獣シリーズへのリスペクトを感じますね。



引用以上


    あの三つが「おまえ」だと、私は思いました。飛行ユニットを付けて、尾っぽを壊された「おまえ」だと(ムリクリ)思って見ましょう。
    ついでに言うと彼の土地で鎮座ましまして動かずアースゴジラを苦しめた「#%*^<^^>」はガイガンのゴジラタワーのリスペクトだと脳内変換して見てました。
    3作目には「\0$\49」と「7°9」が出るフラグが立った様ですが、立てたフラグを折りまくる人がメインをつとめているからなー……。

#アニメ特撮#日本国内




0 コメント
ケントギルバートさんのブログです




拡散希望します

引用


Challenging the ‘20 American Historians’
By Eiji Yamashita

I organized “the 50 Japanese academics’ rebuttal of the 20 American historians’ statement,” which was announced last September and published in the December issue of Perspectives on History of the American Historical Association (AHA). This is the same periodical that published the 20 American historians’ statement last March. Our rebuttal was reported on in the Dec. 10 edition of The Japan Times and the December issue of Inside Higher Ed, an e-magazine on education based in Washington. I would like to take this opportunity to clarify the main aim of our rebuttal.

We said the 20 American historians would never find a single Japanese academician with whom they could stand, even though the title of their statement was “Standing with historians of Japan,” because there are at least eight factual mistakes in 26 lines about “comfort women” in the McGraw-Hill textbook at issue. Furthermore, we questioned their fairness since their statement had no reference to the report by the Interagency Working Group in the United States in 2007.

However, a more important reason for why we wrote the rebuttal is that we were concerned about the 20 American historians’ basic stance as scholars and educators, beyond the immediate comfort women issue. We were confident that our arguments could lead to better education for American youths, and hence were inherently beneficial to the U.S. as well as to the rest of the world in the longer perspective.

I think our concern was right. Several scholars, such as professor Alexis Dudden (University of Connecticut), professor Andrew Gordon (Harvard University) and others out of the 20 American historians were interviewed by The Japan Times or Inside Higher Ed, but none of them seemed to be worried about the education of young Americans. Moreover, it seems to me that American historians are still refusing to address the major factual errors in the McGraw-Hill history textbook.

Many English-language media outlets, including The Japan Times, refer to the comfort women as “sex slaves.” But such terminology is factually incorrect and runs counter to the Japanese government’s position. I hereby introduce the latest two examples. On Jan. 18, Prime Minister Shinzo Abe replied to a question raised by Upper House member Kyoko Nakayama in the Upper House Budget Committee that the phrases “sex slaves” and “200,000 comfort women” run counter to the facts. Moreover, on Feb. 16 Deputy Foreign Minister Shinsuke Sugiyama replied to a question raised by the United Nations Convention on the Elimination of All Forms of Discrimination against Women (CEDAW) in Geneva that there was no evidence proving the forcible removal of comfort women from their homes by the Japanese military and government authorities.

There is a widespread misunderstanding among the Western world that the Abe administration is somehow suppressing the media. It seems to us that the situation is precisely the opposite. In fact, the reach of the Abe administration’s efforts is rather limited by both the domestic and foreign media. Japan is among the highest ranked countries in the world in terms of freedom of speech. On the contrary, freedom of speech in the U.S. is obviously lower than that of Western European countries or Japan, because there are so many social taboos there. To take just one prominent example out of many, the U.S. government actively oppresses denunciations by former governmental staff members. Given all this, it would seem that Americans are not in a position to lecture other mature democracies on the finer points of freedom of speech. Instead, the 20 American historians should be more concerned about the free speech situation within their own country.

Upon its commencement in October 1998, the research objective of the IWG Report was limited to Nazi war crimes. Thereafter, though, Japanese Imperial government records were added to the objectives of the IWG Report in December 2000 in response to a request from the Global Alliance for Preserving the History of World War II in Asia, a group led by people of Chinese descent based in San Francisco. After very extensive research lasting seven years, the IWG could not find any documentation to show that the Japanese government committed war crimes with respect to the comfort women. In the IWG Final Report to the U.S. Congress, a document stretching 155 pages, there is no language clearly indicating that any record of Japanese war crimes vis-a-vis comfort women had been uncovered. Instead, the report contains reams of unimportant passages, presumably with the aim of camouflaging an inconvenient truth.

But despite no evidence of war crimes by the Japanese government in the IWG Report to the U.S. Congress, on July 30, 2007, the U.S. Congress still passed House Resolution 121 on the comfort women, demanding that the Japanese government apologize for “crimes” for which no evidence had been produced. The whole process in the U.S. Congress at that time was extremely unfair — or worse — to Japan.

Today, American fairness is in serious question almost everywhere in the world, although most Americans may not know this or do not wish to know. This broad lack of trust in American fairness is one of the major factors in the failure of American foreign policy on so many fronts in the past decades. Under such circumstances, is it wise for the U.S. to show apparent unfairness to the Japanese public, too, especially given that Japan is one of the closest American allies in the world? If the U.S. wishes to see its foreign policy succeed, it should begin with a reassessment of its fundamental fairness. The safety of Americans and of the rest of the world depends on it.

It is often said that we cannot acquire a clear picture of any given era of history until at least a century has elapsed. Since we are now 71 years past the end of World War II, it is natural that new evidence or interpretations will emerge in the years to come. Not only newly found historical facts but also new historical interpretations should be respected and subjected to academic discussion and debate. Incidentally, this year marks the 102nd anniversary of the outbreak of World War I, but we still lack a coherent historical evaluation of even that conflict.

And yet, these same Americans who have striven to fashion a consensus regardless of where the evidence leads them are quick to call us revisionists. But isn’t it always important for open-minded scholars to seek revisions when they are appropriate? Those who cry “revisionism” are unscientific; they do not behave like intellectuals. Perhaps it is time for us to return the favor and label them the “bigoted old guard.”

On this note, it is also important for us to begin to discuss the meaning of the latest world war, the Cold War, particularly in connection with World War II. It is indispensable to correctly recognize why the Cold War began soon after the end of World War II in order to clarify the characteristics of the “hot war.” It is also very important to review how we in the free world won the Cold War.

Finally, to return to our original point, McGraw-Hill Education in New York should sincerely address the major factual defects in its history textbook for the future generation of the U.S. and the rest of the world as well.






引用以上



うたわれるもの♯6を見ながら

深田萌絵さんのブログです




引用


この資金洗浄は裁判所を利用しているので合法化できるというスキームを使っているという驚きの事実です。

台湾テレビニュースで、「アジアの先進国の首都にある裁判所を利用し、事前に用意された裁判官と弁護士を使えば原告になろうと被告になろうと望んだとおりの判決が出る。事前に指定された額面と支払先が判決として出るので、被告は裁判所の指定によって合法に資産を移転できる」と報道されました。裁判所を利用した資金洗浄という複雑なスキームです。

訴状の提出を夜間に行うと、望みの部署の指定した裁判官を選べるというシステムで、それに関与した裁判官と受付はそれぞれ数万ドルから数十万ドルの見返りがオフショアの銀行口座に振り込まれるそうです。それに関与している裁判官や職員の人数はなんと120人だそうです。

かなりぼかした表現だったのですが、アジアにある先進国は非常に優れていてクリーンなイメージがあるので、まさかこの国の裁判所がそんなに汚職だらけだとはというリアクションでした。なんでも民事裁判の方は裁判員制ではないので、裁判官と職員だけ抱き込めば楽勝らしいです。

可能性としては、日本、韓国、台湾くらいでしょうが、韓国と台湾で汚職裁判が行われていても驚く人はそんなにいないかもしれません。その国の首都にある裁判所って?と考えると。
もしや、東京地方裁判所では?



引用以上   


   裁判所を悪用したマネーロンダリング疑惑ですね。余命さんには悪いですが、私は彼女をそれ程は信頼していません。ウソは言っていないが、本当の事をボカしているように感じます。


うたわれるもの♯12を見ながら

日朝交渉記録キーマン田中均

日朝交渉記録キーマン田中均

#朝鮮民主主義人民共和国#政治家


2018年6月21日の産経新聞から


https://www.sankei.com/premium/news/180621/prm1806210009-n1.html


引用


18日の参院決算委員会での立憲民主党の風間直樹氏の質問は白眉だった。今後、北朝鮮との交渉で焦点となる可能性が高い部分について、正面から取り上げたのである。少し長いが紹介したい。

 風間氏「(平成14年の小泉純一郎首相の初訪朝)当時の交渉担当者は、2回分の外交交渉記録を外務省に残していないとの国会答弁がある。安倍晋三首相も『彼は交渉記録を一部残していない』と(25年6月の)フェイスブックで批判している。公電が欠落している2回の交渉で、当時の担当者が北朝鮮と何を約束したか知っているか」

 安倍首相「ご指摘の部分は記録が存在していないため、当時の田中均外務省アジア大洋州局長が北朝鮮とどのような交渉を行い、何を約束したかについては、残念ながら承知していない」

 風間氏「国交正常化の際に、日本から1兆円規模の経済協力資金を提供するとの合意が図られ文書も交わされたと耳にしている。抜け落ちた公電にはこの部分が記載されていたと思うが、日朝間にそういう約束はあるのか」

 安倍首相「日朝平壌宣言自体、北朝鮮に行く飛行機の中で見せられた。交渉過程、宣言作成過程については全く承知していない」

 この問題について産経新聞は、10年以上前から何度も書いてきたが、他のマスメディアはなぜか関心が薄いようである。参院決算委翌日の19日の在京各紙を見ても、この部分には一切触れていない。そこで改めておさらいをしたい。

 この件は、田中氏が北京などで北朝鮮側の「ミスターX」らと30回近く非公式折衝を実施したうち、14年8月30日に政府が小泉初訪朝を発表し、9月17日に金正日総書記と日朝首脳会談を行うまでの間の2回分の交渉記録が外務省内に残されていない-という大問題なのである。


 通例、外交上の重要な会談・交渉内容はすべて記録に残して幹部や担当者で情報を共有し、一定期間を経て国民に情報公開される。そうしないと、外交の継続性や成果は無に帰するし、どんな密約が交わされていても分からない。それが欠落しているのだから、看過できる話ではない。

 安倍首相は25年7月の日本記者クラブ主催の党首討論会で、かつて谷内正太郎外務事務次官(現国家安全保障局長)に「すべて(日朝交渉の)記録を見たいから調べてほしい」と依頼したところ、佐々江賢一郎アジア大洋州局長が「2回分がない」と報告してきたと証言した。田中氏本人に確かめると「私は知らない」と答えたことも、同時に明らかにしている。

 これは、ふだん野党が何かに取りつかれたように追及している森友学園への国有地払い下げをめぐる財務省の文書改竄(かいざん)問題や、愛媛県と加計学園とのやりとりの備忘録メモよりも、はるかに重大で深刻な問題である。日本側は把握していない2回分の記録を北朝鮮側が持ち出し、何を要求してくるか分からない。



引用以上

    記録に残っていない2回の日朝交渉で一体何が合意されたのでしょうか?田中均氏は高級とは言え1公務員に過ぎません。その彼が日本の立場を怪しくするような行動をとった可能性が大いにに有るのに、野党は勿論与党も問題視していない事に私は危機感を抱いています。
0 コメント

消された二回の日朝交渉記録

#朝鮮民主主義人民共和国#政治家


消された二回の日朝交渉記録


東アジア黙示録さんのブログです






引用


対北“賠償金”1兆円は、どの外交記録にも残っていない。隠滅された2回の交渉が再び国会の俎上に載る中、北工作機関の代弁者がメディアに復活。金王朝の紅衛兵たちが前線に躍り出る。



北朝鮮の景勝地・妙香山で接待を受けた記者団は、パニックに陥り、社会党委員長の田辺誠は発狂した。平壌に戻る列車が発車した時、金丸信の姿がなかったのだ。

平成2年9月に行われた金日成と金丸信の極秘会談。この席で、初めて北にプレゼントする“戦争賠償金”の具体的な額が提示された。外務省の随行員も通訳もいない口約束である。
▽妙香山の3党会談’90年9月

金丸信の洗脳を仕上げる為の特別な宴席。日本側の警護員は周辺に居た模様だが、宴席に付いたのは、北朝鮮側の日本語通訳を含む3人だけだったという。

今も我が国に絶大な悪影響を及ぼす妙香山会談。その全容を知る通訳は、名を黄哲(ファン・チョル)と言った。間もなく重用され、工作機関「統一戦線部」の対日エージェントとして暗躍を続ける。


「ファン・チョルこそ、90年代から日朝の舞台裏で走り回り、日本の政治家や新聞記者、官僚への工作活動を行った人物である」(重村智計著『外交敗北』89頁)

平壌支局開設をチラつかせての記者の包摂、政治家懐柔には金正日との太いパイプを騙る。統一戦線部のドン金容淳(キム・ヨンスン)に重用されたことは事実だが、機関の幹部ではく、平工作員だった。

それでも外務省は’97年の日朝赤十字会談で、この工作員をカウンター・パートと認め、局長級が対応。2000年8月に東京で開かれた第10回日朝正常化交渉には、副団長として来日を果たす。

「マスコミもひどいですね。現金をファン・チョルに手渡す記者さんも、少なくありません。まさかと思うような社と人物が出入りしてました」(前掲書118頁)


来日時の宿泊先を監視していた公安関係者は、そう呆れる。ファン・チョルの手持ちバッグは現金で膨れ上がったという。ただし、出国する際、バッグは萎んでいた。

立ち寄った都内の金融機関から送金したのか…我が国の公安当局よりも、北朝鮮の秘密警察「国家安全保衛部」が、消えた現金に重大な関心を抱いた。

【トップ工作員の失踪と2号登場】

来日の3カ月後、北京で開催された第11回日朝正常化交渉に、黄哲(ファン・チョル)は現れなかった。日本側の担当官が理由を訊ねても、曖昧な返答しか得られない。

外交協議に限らず、スポーツ交流などの海外訪問団には必ず監視役が紛れ込む。来日時にメディア関係者から公然と賄賂を受け取っていたファン・チョルが網に掛かったことは確実だ。

また同時期、ファンの後ろ盾である金容淳(キム・ヨンスン)も裏金作りの証拠を掴まれ、窮地に陥っていたとされる。表舞台から消えて暫く後、「交通事故での死亡」が手短に公表された。

金容淳は、金丸訪朝団に続く、渡辺訪朝団や村山訪朝団などの窓口として悪名高い。異様な対北コメ支援を始め、我が国の北朝鮮利権を詳しく知る人物で、与野党を問わず、政界に深く根を張っていた。


一方のファン・チョルは、いわゆる小物界の大物で、包摂済みの記者や外務省を狼狽させた。突然の音信不通。収容所送りになったのか、既に処刑されたのか。

「彼の消息を知ろうと、2001年の夏に日本の関係者が、こっそりファン・チョルの平壌市内のアパートを訪ねた。ところが、彼と家族の姿は見えず、別の一家が住んでいた」(前掲書90頁)

親交を深めていた自民党実力者や外務省担当者は、途方に暮れたという。共犯関係にあった北のパイプ役が突如消滅したのだ。そんな時、外務省の北東アジア課に北朝鮮から国際電話が入った。

「黄哲指導員の代わりに、別の高官が日本政府との連絡を取ることになりました。できれば、中国で1度お会いしたい。お話したいことがあります」(前掲書88頁)

平成13年(2001年)の秋のことだった。第1次小泉訪朝の約1年前。この「別の高官」が、ミスターXと命名された新たな対日エージェント・柳敬(リュ・ギョン) だった。

ファン・チョルに入れ込んでいた担当官らは、北の申し出に躊躇した。その中、新たに外務省アジア大洋州局長に就任した人物が色気を示す。ガチでマジの親北売国奴・田中均の登場である。

【隠滅された2回の交渉記録】

「平壌宣言自体、北朝鮮に行く正に飛行機の中で見せられた」

安倍首相が日朝平壌宣言の内容を知ったのは、署名が交わされる当日の朝だった。6月18日に開かれた参院決算委の質疑で新たな事実が浮き彫りになった。

第1次小泉訪朝当時、安倍首相は官房副長官として政府中枢に居た。日朝秘密交渉について知ったのは、訪朝予定が電撃発表される直前。そして合意内容を把握したのは平成14年9月17日だったのだ。


「平壌宣言の作成過程において私はそもそも当時、いわゆるハードライナー(強硬派)と言われておりました」

この日の答弁で安倍首相は、日朝秘密交渉が親北派サークルの中だけで進められていたことを強く示唆した。週刊誌や新聞紙の朗読が延々と続く今国会の中で、異彩を放つ質疑だった。

質問に立ったのは立憲民主党の風間直樹議員。野田政権で外務政務官を務めた人物である。質疑で風間元政務官は、日朝秘密交渉の暗部に切り込む。公文書“隠滅”という重大問題だ。

「当時の交渉担当者は2回分の公電、外交交渉の記録を外務省に残していない」

田中均は柳敬(リュ・ギョン)と30回近く接触したが、2回分の記録が消えている。しかも訪朝発表から当日に至る間の重要な大詰め交渉の公電。安倍首相は“隠滅された交渉”の内容を知ってるのか?

「ご指摘の部分の日朝交渉については、記録が存在していない為、当時の田中局長が北朝鮮とどのような交渉を行い、何を約束したか、残念ながら私は承知しておりません」


安倍首相はそう答弁した。南スーダンPKOの日報などとは比較にならない問題。そこでは約1兆円の国家予算を投入する案件が妥結した可能性がある。

「日本と北朝鮮の交渉担当者の間で内々の合意がなされたとも聞く。国交正常化の際に日本から1兆円規模の経済協力資金を提供するという合意文書が交わされたと耳にしています」


風間元政務官は自らが得た様々な情報から、抹殺された2回の交渉は、1兆円提供に関わる内容だったと推測する。合意文書は、これまでも「日朝覚え書」として存在が指摘されたものだ。

【対北提供額1兆円を指す符牒】

「私は知らない」

田中均は交渉記録の隠蔽疑惑に対し、そう答えた。小泉訪朝の3年後、官房長官に就任した安倍首相が日朝交渉を精査した所、2回分の欠落が判明。直接本人に問い質すと、完全にシラを切ったのだ。

「ちょっと知らない。当時は局長だったから、私が記録を書くわけじゃない」


メディアの質問にも開き直る。もっとも“隠滅された2回の交渉記録”を追及しているのは、産経新聞などごく一部で、捏造紙やTBSなど朝鮮労働党系のメディアは、完全スルーを決め込む。

訪朝を直前に控えた田中均とミスターXこと柳敬の交渉では、拉致被害者の取り扱いが主な議題になった可能性も残る。拉致事件への関心が急速に高まり、田中が慌てたのが、この時期だ。



一方、2回の交渉で協力資金問題がテーマになったとする風間元政務官の推測にも合理性がある。外務省内には20数回の交渉記録が保管されているが、閲覧した政府高官は、こう首を傾げる。

「1兆円とも80億ドルともいわれる北朝鮮への経済協力の金額に関する協議場面が出てこない」

日朝平壌宣言は、第2項目に掲げられた「経済協力」に関わる取り決めがメーンだ。理念的・抽象的な他の3項目とは大きく異なり、国際協力銀行(JBIC)という固有名詞が唯一登場する。

振り込み先が具体的に記される一方、金額に関する交渉記録が一切ないことは不自然極まりない。その中、金額については既に日朝で折り合いが付いていたとの見方もある。

それが金丸信と金日成の妙香山極秘会談だ。この宴席で金丸信は南鮮への経済協力資金をベースに「50億ドル」を提示。金日成の顔色を伺いつつ、最終的は「80億ドル」に引き上げたとされる。

宴席の詳細について日本側には何の記録も残っていない。判っているのは、金日成が満足し、直後から正常化交渉がスタートしたことだ。北側は交渉で「主席と金丸の約束」を符牒のように使ったという。

「まさに平壌宣言が全てで、具体的な金額を記したものはないと認識しております」

核実験と弾道ミサイル乱射で北が事実上破棄した平壌宣言を政府が継承する姿勢は苦々しい。それでも安倍首相は金額に関する政府間交渉がないという立場を明らかにした。

独り歩きする「1兆円」とは、正式な決裁を経ていない「金丸-田中ライン」による妄想の産物だ。「1兆円」ありきで日朝関係改善を語る者は、政治家・評論家を問わず、北の工作員と認定する。

【リブートする親北売国奴】

「日朝の新しい関係構築に向けて動き出すべきだ」

永田町の親北派が寄り添い合う日朝国交正常化推進議員連盟が、公然と再起動した。米朝首脳会談に合わせ、6月中旬から週1回の驚異的なペースで繰り返し総会を開いている。

10年ぶりとなった6月11日の総会には約30人が出席。続く21日の総会は40人以上に膨れ上がり、自民党総裁選に名乗りを上げる石破茂も駆け付けた。

“拉致事件潰し”に政治生命を賭ける真正の売国奴集団。再起動2回目の金正恩マンセー総会には、朝鮮労働党の宣伝工作機関幹部、そして田中均がゲストとして招かれた。

身バレを厭わず、逆に好んで表舞台に姿を見せるのが、親北派の特徴だ。また政界に合わせ、メディアも連動。政治討論を偽装したプロパガンダ番組でも田中均の出演が“解禁”された。

かつて米国務省高官に「サスピシャス・ガイ(怪しい男)」と命名され、拉致被害者家族会とも敵対した平成最悪の外交官。それでも朝鮮労働党系メディアは田中均を担ぎ続けるしかない。


「ソン副局長らは、何としても5人を取り戻すよう命じられた。朝鮮総連を通じた工作も行われた。(略)『5人を戻すべきだ』と主張するテレビ・コメンテーターやジャーナリスト、政治家への接触が行われた」(前掲書162~163頁)

ソン副局長とは対日工作の表側責任者・宋日昊だ。中山恭子参与(当時)らの努力で「一時帰国」の裏合意が打破された後、一部メディアは拉致被害者の北送還キャンペーンに血道を上げた。


北工作機関の代弁者は田中均だけではなかった。メディアもまた平壌の意向に沿ってプロパガンダを垂れ流したのだ。この共犯関係は今も変わらないばかりか、部分的には強まっている。

統一戦線部の対日工作員ファン・チョルに賄賂を贈った記者は、10数年を経て幹部クラスに昇進した者も多いだろう。報道機関の上層部にまで拡大した汚染。引き返すことも裏切ることも出来ない。

北秘密警察が持つファンや金容淳の供述調書には、誰が貢いだか事細かく記されている。ドス黒い運命共同体。金王朝が崩壊し、贈賄リストが流出した時、我が国の親北メディアも瓦解する。

単なる北のシンパではなく、紅衛兵なのだ。自らの秘密を守る為、世論に抗っても北を擁護し、平壌の主張を代弁する。軍事独裁政権の走狗。金王朝が存続する限り、連中の見苦しい裸踊りは終わらない。



最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります

引用以上


金丸信・田中均の2人が我が国の対北朝鮮交渉の最大のガンで有りますが、それ以外にも自民党や旧社会党の親北派議員やメディアにもガンは沢山いるわけです。
0 コメント

東京都、沖縄反基地活動家を極左暴力集団認定

東京都、沖縄反基地活動家を極左暴力集団認定


琉球新報さんのブログです。



引用




【東京】米軍北部訓練場のヘリパッド新設を巡り、警視庁の機動隊を沖縄に派遣した公金の支出は違法だとして東京都を訴えた住民訴訟の第7回口頭弁論が23日、東京地裁であった。被告の都は準備書面で、「抗議参加者の実態」として「県民のみならず、いわゆる極左暴力集団や反差別勢力の活動家または外国籍の者も確認されているのが実態」と指摘し、派遣根拠の「合理性」の一つに挙げた。



引用以上